老化が進む冬こそ必要!アサイーの効果でアンチエイジング
37views

老化が進む冬こそ必要!アサイーの効果でアンチエイジング

アサイーの効果は冬にこそ発揮されるものです。とくに日本の冬は寒くて乾燥しています。このような気候は新鮮な野菜を食べる機会を減らし、肌への負担から老化しやすくなります。アサイーは少量で高い栄養価であるため、食欲が低下したり、胃腸が疲れているときにも安心して摂取することができます。

数々の表現で賞賛されるアサイーの効果

アサイーはその高い効能から「ミラクルフルーツ」、「スーパーフルーツ」もしくは生産される土地の名前をとって「ブラジルの奇跡」、「アマゾンのミルク」などと様々な表現で賞賛されるフルーツです。

アマゾンの先住民の主食だったというアサイーはアサイベリーと呼ばれることもあるため、いちごやブルーベリーのような植物を連想する人も少なくありませんが、実はヤシ科の植物です。

およそ1センチほどの小さな実でその95%は硬い殻であるため可食部は小さな実のわずか5%ほどです。しかし、そのわずかな可食部に高い栄養を備えており、ミネラルやアミノ酸、ポリフェノールも豊富です。

また、アマゾンの過酷な環境に耐える高い生命力に栄養素以上の効果を感じる、という人も少なくありません。そのため、一度食べるとやみつきになるという人も多いようです。

冬こそ、もっともアサイーを食べるべき季節

アサイーは一年を通じて食べる価値のある果物ですが、とくに冬に食べることがおすすめであるとされています。そのアサイーを冬に食べるべき3つ理由を紹介します。

【1】冬は野菜不足になりがち

冬は野菜不足になりがち

日本の冬は野菜が不足しがちになると言われています。

野菜の種類が減ってしまう冬はどうしても同じような野菜ばかり食べることになったり、外気温の寒さから加熱料理が増えます。そのため、新鮮な野菜を食べる機会が減ってしまう季節です。

とは言え、この時期にそれほど栄養の高く、生で食べることができる野菜は多くありません。そこで食べて欲しいのがアサイーです。アサイーは高い抗酸化作用を含むポリフェノール、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などが含まれているため、冬の不足しがちな栄養を手軽に補うには適した果物です。

【2】人が老化するのは冬

人が老化するのは冬

外気温が低いために、この時期は全体的な体の新陳代謝が低下しがちになります。

また日本の冬は乾燥も強いため、細胞が老化しやすく、シミやシワなどが定着しやすい季節と言われています。つまり、日本の冬は人を老化させるのです。

逆に考えると、冬に老化を防ぐことはアンチエイジングに効果的であるということです。アサイーはアンチエイジングに適した多くの栄養素を含んでいるため、冬の老化を防ぐには効果的です。

また、アサイーは食物繊維が豊富に含まれているため、運動不足になり便秘がちな腸内をきれいにする作用が期待できます。腸内環境をよくして、さらに新陳代謝を促進させるので、老化しやすい季節を若返りの季節にすることも夢ではないかもしれません。

【3】疲労回復を助ける

疲労回復を助ける

アサイーは冬の疲労した体の回復を助ける効果があります。

日本の冬は寒いだけでなく、乾燥が強いことも特徴的ですが、このような環境はそれだけで体力を消耗させると言われています。このような疲労を放っておくと、心臓や脳などに負担となったり、血管に問題が起きやすくなると言われています。

このような肉体的な疲労を回復するためにもアサイーに含まれる鉄分は適しています。鉄分が不足すると食欲低下、便秘、免疫力の低下、睡眠の質の低下などが見られるようになります。

アサイーは食欲が低下しているときでも少量を食べるだけで多くの鉄分の補給ができるので、食欲不振や体力がないときでも手軽に食べることができるところに魅力があります。

PR