膀胱炎など病気になりたくなかったら「おしっこを我慢しない」これ、鉄則!
47views

膀胱炎など病気になりたくなかったら「おしっこを我慢しない」これ、鉄則!

「おしっこを我慢しない」皆さんはしていますか?仕事などしているとなかなか満足にトイレに行けないといった状況もあるかもしれません。でもその状況があまりにも続くようならば気を付けた方がいいですよ。おしっこを我慢すると様々な病気などの原因になるんだとか?!果たしてどんなトラブルがあるのでしょうか?

おしっこを我慢しないことが病気を防ぐ近道に!

膀胱炎はトイレを我慢しすぎるとなりやすい?!

膀胱炎はトイレを我慢しすぎるとなりやすい?!

おしっこを我慢すると”膀胱炎になる”ということをよく耳にすると思います。

「おしっこを我慢=膀胱炎」という印象を持ちますが、確かに膀胱炎になりやすいということはあるらしいのですが、おしっこを我慢しているからいうのは直接的な理由ではないそうなんですよ!

実はトイレで尿をするということは膀胱や尿道の雑菌を流してくれるといった働きがあるんだそうです。

ですからおしっこを我慢し、トイレの回数が減ることでその雑菌が繁殖しやすくなることで、膀胱炎の原因の炎症を引き起こしやすくなってしまうということなんだそうですよ!

まずは残尿感

ちなみに<膀胱炎>になってしまうと・・・まずは残尿感。頻繁にトイレに行きたくなり、行ってもスッキリしない、おしっこをするたびに痛みを感じるといった症状であったり、場合によっては血尿が出てしまうことも!

そして高熱が出てしまったり、さらに重症化腎盂腎炎を引き起こす原因にもなってしまうとうなのです。ぜひともこういった症状が見られたときは早めに病院を受診することをオススメします。

簡単な尿検査でわかりますし、軽い症状であれば処方された薬を飲むことであっという間に改善するはずですよ!

尿管結石の原因になるかも?!

尿管結石の原因になるかも?!

尿管結石と聞くとなんだか男性特有のイメージを持たれる方も多いと思います。

確かにいわゆる”石持ち”という人は男性が多いかもしれませんが、もちろん女性だってなるんです。おしっこを我慢することで膀胱には尿が長い時間溜まることになります。そうするとどうしても尿の”結晶”ができやすくなってしまうらしいのです。

尿管結石は腰から下腹部にかけて痛みが出ると言われています。

他にも血尿が出ることも。小さなものであったら薬で対処できますが、大きくなりすぎるとカテーテルを尿道から入れて粉砕するといった入院・手術がいる処置にもなりかねません。ですのでできるだけ結晶ができないよう、マメにトイレにはいくようにしましょうね!

腎臓に悪影響を及ぼす?!

腎臓に悪影響を及ぼす?!

トイレを我慢することで雑菌が膀胱に繁殖しやすいと先ほど説明しましたが、これがなんと腎臓にまで影響し、その働きが悪くなってしまうことがあるんだそうです。

そうするとむくみの原因になったり、ホルモンバランすが崩れやすくなり、お肌のトラブルにもなりやすいんだとか。他にもだるさを感じやすくなったりすることもあるんだそうですよ。女性にとってお肌のトラブルはできるだけ避けたいところですよね!

最後に

最後に

たかが”おしっこ”と思うかもしれませんが、とても生きていく上でとても大切な行為のひとつです。

確かにトイレに行きにくい場面というのもあると思いますが、ぜひとも「トイレ行きたいな。」といったときには我慢することなく速やかにトイレに行くようにしてくださいね。”おしっこ”ひとつで体調を崩してしまったら元も子もないですよ!

病院での検査でも必ずと言っていいほど「尿検査」はつきもの。こういったことからもわかるように尿は健康のバロメーター的存在であることを忘れないようにしてくださいね。

PR