いつまでも若々しく元気でいるために!女性が摂りたい栄養とは一体何?
87views

いつまでも若々しく元気でいるために!女性が摂りたい栄養とは一体何?

女性の永遠のテーマといったら「いつまでも若々しく!」という人は多いのではないでしょうか?そのために女性が摂りたい栄養とはいったいどんなものなのでしょうか?一緒にチェックし、いつまでも若々しく元気になっちゃいましょう!

女性が取りたい栄養は本当に様々あるのですが、今回は”特に”とっておきたい栄養についてチェックしていきたいと思います!

女性が摂りたい栄養は「鉄分」

「鉄分」は女性にとっていつまでもしっかりと摂りたい!

「鉄分」は女性にとっていつまでもしっかりと摂りたい!

身体が最近だるかったり、疲れが残りやすくなったりしていませんか?

そんな人にオススメの栄養が「鉄分」だと言われています。鉄分は血液中のヘモグロビンの生成に大きな役割を果たしているものです。ヘモグロビンは血液中で酸素を全身に運んだり、余分な老廃物を排出するという大きな役割を持っているんだそうです。

そんなすごい役割をしているヘモグロビンが減少してしまったらどうでしょうか?

そう、それがだるさや疲れやすさを招いてしまっている原因だったんですね。

「鉄分」は女性特有の働きが!

「鉄分」は女性特有の働きが!

女性は男性にはない大きな違いがありますよね。

それは月経。さらには妊娠や出産に授乳など、鉄分が多く使われやすい状況下になる場合が多くあります。そんなときに気を付けたいのが”鉄欠乏性貧血”と言われる状態です。

この状態になっている女性は多く、成人女性の25%がその症状なんだそうですよ。

「鉄分」を多く含む食材をチェックしておこう!

「鉄分」を多く含む食材をチェックしておこう!

毎食鉄分を多く含む食材を口にするのは難しいかもしれませんが、多く含む食材を知っているだけで、献立を考えるときの目安にもなりますし、買い物のときに手に取るきっかけにもなります。

非ヘム鉄は大豆および大豆製品に含まれる

<非ヘム鉄>卵、牡蠣、海苔、ひじき、大豆および大豆製品、小松菜、ほうれん草、ごま、切り干し大根、レーズン、プルーンなど

ヘム鉄はレバーなどに含まれます。

<ヘム鉄>レバー、うなぎ、ぶり、かつお、まぐろ、さば、牛肉など

非ヘム鉄に比べ、ヘム鉄の方が単体での体への吸収率が高いそう。でも非ヘム鉄も組みあわせにより吸収率があがったり、普段の食事に取り入れやすいものが多いので積極的に摂りたいところですね!

女性が摂りたい栄養は「ビタミンD」

「ビタミンD」は縁の下の力持ち的存在!

普段あまり注目されることのないビタミンDですが、とっても大切な働きをしているんだそうです。

それが、「骨を作るのに必要なカルシウムやリンの吸収助ける働き」があるんだそうですよ。どうしても骨のためにカルシウムを摂ることは気にしていてもビタミンDを気にする人は少ないはず。

「ビタミンD」を多く含む食材をチェックしておこう!

「ビタミンD」を多く含む食材をチェックしておこう!

いわし、鮭、まぐろ、さんま、かつおなどの魚類、きのこ類、そして卵です。ビタミンDは油に溶ける性質を持つので、これらの食材を油で炒めたりするとさらに吸収率もぐーーんとアップしていいですよ!

「ビタミンD」は体内で生成することができる!

実は紫外線を浴びることで皮膚でビタミンDを生成することができるんだそうです。最近は日焼け対策をしている方が多いのでこの体内での生成が行われていないので、ビタミンD不足を招き、「骨軟化症」を引き起こしている原因になっているんだそうですよ。

最後に

女性が特に取っておきたい栄養について記載しましたがどうでしたか?特にビタミンDについては必要と考えたことがなかった人も多かったのではないでしょうか?

人間はいろいろなものをバランスよく摂取することがとても大切です。ぜひとも日々の生活でできる限りバランスよくなるよう食材を考え、いつまでも若々しく元気に過ごせるようにしておきたいですね!

PR