空腹を我慢しすぎるとかえって太る!?健康を維持する空腹との付き合い方
87views

空腹を我慢しすぎるとかえって太る!?健康を維持する空腹との付き合い方

ダイエットはどうしても空腹と闘うイメージがあります。 しかし、空腹を我慢しすぎると返って太ってしまったり、健康を損ねてしまうこともあるのです。 空腹のメリットとデメリットを知って、健康を維持するためにどのように空腹と付き合っていけば良いのか考えましょう。

空腹の効果

プチ断食や1日1食ダイエット、さらにはアンチエイジングなど美容のために、あえて空腹を我慢する方法が注目されています。

しかし、空腹を我慢しすぎると返って逆効果になってしまうこともあり注意が必要なのです。

空腹との付き合い方を正しく知りましょう。

空腹の効果

どうして空腹を感じるのか?

まずは、どうして空腹を感じるのかということを知るのはとても大切です。

食事から時間が経つとだんだんと血糖値が下がってきますが、この時に脳に血糖値が下がったことを知らせて、血糖値を上げようと空腹を感じる仕組みになっています。つまり、人間が生きていく為に大切な感覚のひとつなのです。

しかし私たちは、空腹を我慢して血糖値を上げないようにすれば痩せると安易に考えがちです。

本当にそうでしょうか?

空腹を我慢しすぎるデメリット

ダイエットや健康のために、血糖値を上げないように食事を我慢して空腹と闘おうとする人は多いと思います。確かにダイエットに食事制限は不可欠ですが、それは空腹を我慢しすぎないといけないものなのでしょうか?

実は、空腹を我慢しすぎるデメリットがあります。

よく言われるのが、飢餓状態と勘違いして脂肪を溜めやすい体質になり、返って太りやすい体質になってしまうことです。また、せっかく減った体重以上にリバウンドしてしまうということも起こりやすくなると言われています。我慢した後の食事では急激な血糖値の上昇が見られます。

空腹を我慢しすぎるデメリット

健康面だけでなく精神面にも影響

精神的にもイライラが増したり、ホルモンの関係で他人に攻撃的になってしまうことがあります。

体力や免疫力が落ち、活動量が減る、活動意欲そのものも湧いてこないなどの弊害が出てくるでしょう。何より食べる楽しみを我慢しているストレスというのはとても大きいものです。

反動で暴飲暴食に走ってしまう危険性もあります。このように健康面でも精神面でもダイエットという側面からも空腹との付き合い方は考えなくてはいけません。

健康面だけでなく精神面にも影響

適度に空腹を感じることは大切

では、空腹とどのように付き合っていけばよいのでしょうか?

実は、空腹を感じないようにすればいいのではなく、しっかり空腹を確認できる食習慣が大切です。

つまり、我慢しすぎるのではなく、適度に空腹を「感じる」ことで血糖値を正常に上下させて、結果安定させることができるのです。他にも適度な空腹は、老化を防いだり、新陳代謝を促進したり、記憶力をアップさせて作業効率が良くなるなどの効果が言われています。

このように、空腹コントロールを生活に取り入れていくことはあまり難しいことではありませんので、ぜひ実践してみましょう。

適度に空腹を感じることは大切

食後に運動を取入れて血糖値をコントロール

低血糖の症状が現れるくらい空腹を我慢してはいけません。

それならば、運動を取入れたほうがよっぽど健康的に美しくなれます。ウォーキングのような適度な運動で、血糖値を改善させたり正常の範囲に保つことができます。

食べて健康的にキレイになるには、食後30分から1時間後は血糖値のピークになるので、このときに軽く運動すると効果的と覚えておきましょう。もし自分の活動量以上に食べ過ぎて太ってしまっているならば、ある程度の食事制限は必要です。

しかしこの時も、急に食事の回数を減らしたり、食べる量を極端に少なくするのではなく徐々に減らしていくようにしましょう。

食後に運動を取入れて血糖値をコントロール

PR