ただ美味しいだけじゃない!旬の食べ物は体にいいのには理由がある!
38views

ただ美味しいだけじゃない!旬の食べ物は体にいいのには理由がある!

旬の食べ物は体にいいと言われています。それは旬の野菜や果物にはバランス良い栄養でもっとも美味しくなるという理由の他、人の体がその栄養を欲しているためです。そのため地産地消という言葉は経済と健康の両面の利点があります。新鮮な野菜や果物は強い香りがありますが、それも栄養成分の一つです。

旬の食べ物は体にいいけど年中並んでいるのはナゼ?

旬の食べ物は体にいいけど年中並んでいるのはナゼ?

「旬の食べ物は体にいい」と言われていますが、最近では1年中、同じ野菜がスーパーマーケットに並ぶことも珍しくありません。

例えば、玉ねぎ、人参、トマト、ほうれん草、大根、きゅうり、レタスやキャベツなど旬でなない季節でも売り場に並んでいます。

これは輸送技術の発達で海外から運んでいるという場合や冷蔵技術の発達によって鮮度を保ったまま保存することが可能になったためです。

このような技術進歩によって、一年を通じて野菜を手軽に購入することができるようになったのは良いことではあります。

温室で育てても旬に栄養バランスがよくなる野菜たち

温室で育てても旬に栄養バランスがよくなる野菜たち

しかし、一方で栄養を測定する技術の進歩によって野菜に含まれる成分や機能についても詳しく知ることができるようになりました。その結果、野菜や果物の旬には多くの栄養が含まれていることがわかりました。

それは気温や湿度、日射量などの差によるものと言われています。

いくら温室で育てて温度や水分を調節していても、植物たちは外の気圧や日射量、紫外線や赤外線の量を敏感に感じ取っているかのように反応しているのです。

そうして、いわゆる旬と言われる時期にもっとも美味しく、そしてバランスよい栄養を備えるのです。そのため、旬の食べ物は一番美味しく、栄養価が高いために体に良いと言われるのです。

人の体も旬の食べ物に含まれる栄養を欲している

人の体も旬の食べ物に含まれる栄養を欲している

旬の食べ物を食べることが体によいのはもっとも栄養価が高くなるから、という理由だけではありません。

人間の体も旬の野菜や果物を欲しているのです。例えば、秋には多くの果物が実りますが、それらの果物は夏に紫外線刺激で疲れた細胞を癒す効果があります。

また、冬の寒い季節のあとに苦いふきのとうなどの野草を食べることは体の代謝を正常化することに役立つと言われてます。このように、旬の食べ物はその時々に人の体に応じたものを与えてくれているように見えます。

「地産地消」は経済と健康の両面にメリットがある

「地産地消」は経済と健康の両面にメリットがある

数年前から「地産地消」という言葉がもてはやされるようになりました。

もともとは経済的な考えから生まれた言葉ですが、最近ではもっぱら健康志向の面から受け入れられています。大手スーパーでも地元で採れた生鮮食品のコーナーがあることは珍しくありません。

流通はどんどん国際的になっているのに、まるでその逆のような、地元で取れたものを地元で消費するという考え方が広まっている背景には住んでいる場所で採れる野菜や果物はその土地に住む人の健康にもっとも適っていると言われているからです。

反対に南国で採れたフルーツや寒冷地で採れた野菜は日本で食べるにはやや工夫が必要とも言われています。

野菜や果物の香りも栄養の一つ

野菜や果物の香りも栄養の一つ

また、最近ではアロマが一つのブームになっていますが、野菜や果物にも香りがあり、それが栄養の一つにもなっています。

しかし、遠くで収穫されたり、収穫されてから時間が経ったものは、その本来の香りが失われていることがほとんどです。このような香りのないものは、そのまま栄養の低下も意味します。

反対に、旬の食べ物は香りが強いことに特徴があります。大量生産された野菜の中には見た目は良いのに、野菜そのものの香りがまったくしない、クセのないものが増えています。

クセがないために食べやすくなっているというメリットもありますが、香りも栄養も少ないものを食べることにどれほどの意味があるのでしょうか。

せっかく食べるのであれば、体が欲しているときに欲しているものを摂取するというのが理想的な食事なのかもしれません。

体が欲しているときに欲しているものを摂取するというのが理想的な食事なのかも

PR