人生を切り開くための精神力を鍛える方法5つ
66views

人生を切り開くための精神力を鍛える方法5つ

精神力を鍛える方法は大金を払わないと得られないと思っていませんか?精神力は誰にでも備わった力です。しかし、多くの人はその鍛え方や養い方を知らないようにです。精神力を身につけることは自分の人生を取り戻し、そして人生を切り開くためにも有効な方法です。そのために必要な5つのことを紹介します。

精神力を鍛える方法

精神力を鍛える方法

精神力を鍛えることは自分自信の本質を鍛えることに他なりません。

しかし、多くの人は習慣や周囲の環境によって自分以外の人のために生きているという場合がほとんどです。自分の人生を自分取り戻す、というと何か宗教的な感じもしますが、それほど大げさなことでも、特別なことでもありません。自分のために自分を成長させることは人として当たり前の生き方です。

人生を取り戻す精神力の鍛え方

精神力を鍛えることで生産的な日常を送ることができるようになります。そのために必要なことは3つの方法です。

【1】食を正す

食を正す

生き方は食べているものと密接な関係があります。

食べるものをおろそかにしている人は生き方にもそれが現れてきます。現代では手軽に食事をすることが可能になりました。ファーストフード店やコンビニ、インスタント食品の発達でこれらの食品は以前よりも安く、そして美味しく食べることができます。

しかし、このような食べ物は生きる本質を見失うこともあります。これらの食べ物は工場から生まれたものではありません。米、野菜、家畜などの生産者がどこかで生産しているから食べられるものです。

新米の香りや泥やキズのある野菜や果物を感じ、手で触れて食材を選ぶこと、そして時間をかけて調理すること、この一連を大切にすることが「食を正す」ことにつながり、そして生きる力や精神力を養うことにつながります。

【2】体を動かす

体を動かす

精神力を養うためには体を動かすことも大切です。筋力や脳は使わなければ衰えていきます。

そして、精神力はそれらのものを意識的に、目標をもって行うことで鍛えることができます。毎日30分歩く、腹筋を10回する、など簡単なことで良いので続けて行うことが大切です。

【3】小さなルールを守る

小さなルールを守る

体を動かすことにもつながりますが、自分で決めた小さなルールを守ることも精神力を養うためには必要です。それは毎朝30分間掃除をする、入浴後はすぐに浴槽を洗うなど簡単なことでも良いのです。

困難なことに直面したときに、自分を支えてくれる精神力とは、過去の自分が行ってきた行動への自信です。そのため、大切なのは自分で決めたことを行うこと、そしてきちんとできた自分を褒めることです。誰かに言われてやったことではない、ということこそが大切なのです。

人生を切り開く精神力の養い方

人生を自分自信のものにできた人は、自分の人生を切り開くための精神力を養うことができるようになります。一般的には自己実現と言われるものですが、その方法はお金を払わずとも得ることができます。

【4】言葉を慎む

言葉を慎む

そのためにまず、必要なことは言葉を慎むことです。あらゆる宗教では言葉を慎むことを良しとされていました。それは言葉の乱用は周囲にも自分にも無益なことだからです。最近ではコミニュケーションツールが増えたことで男女ともにおしゃべりになっている傾向にあります。

しかし、その割に肝心なこと、大切なことを伝えていない人は多くいます。言葉は時と場所、そして必要な量をよく考えて発するようにしましょう。昔の格言にも『雄弁は銀、沈黙は金』と言われています。

【5】思っていること考えていることを文字にする

思っていること考えていることを文字にする

精神力を養う上でもっとも有効な方法とされていることは、文字を書くことです。思っていること、考えていることを整理するためにも有効ですが、何より、文字にすることにより実現化させるという力があると言われています。

文字を書くことは脳と手を使うことになるので、健康に良いと言われることも多いですが、思いや信念、考えを文字にするという行為には、単純に手や脳の運動という以上の効果があると言われてます。

人生で困ったことがあったとき、解決したい問題があるときにペンをとることは一見、無駄なことのように思えますが、多くの経営者やリーダーたちはこの方法で成功していると言われています。

PR