ファイトケミカルでがん予防!ファイトケミカルって何?
37views

ファイトケミカルでがん予防!ファイトケミカルって何?

「ファイトケミカルでがん予防」って聞いたことありますか?ここで気になるのはやはり”ガン予防”であり”ファイトケミカル”ではないでしょうか?ではどうしてファイトケミカルががん予防になるのか?ファイトケミカルについてとどうしてがん予防になるかなど気になることをチェックしよう!

ファイトケミカルでがん予防ってどういうこと?

ファイトケミカルってどんなもの?

ファイトケミカルってどんなもの?

「ファイトケミカル」の“ファイト(phyto)”は植物、“ケミカル(chemical)”は化学成分という意味。

これを合わせた意味として「植物由来の化学成分」ということになります。こう聞くとなんだか新たに発見された成分であるように感じると思いますがそのファイトケミカルの一つであるポリフェノールと聞くと「おお!」って思いますよね。

実は以前からすでによく耳にするものも含み、ミネラルやビタミンといった栄養素以外の非栄養素のことを指すんだそうです。

どういったものがファイトケミカルなの?

どういったものがファイトケミカルなの?

ではポリフェノール以外にどんなファイトケミカルがあるのでしょうか?

例えばブルーベリーやブドウなどに含まれる”アントシアニン”、トマトなどに含まれる”リコピン”、ニンジンに含まれる”α-カロテンやβ-カロテン”、玉ねぎに含まれる”イソアリイン”、緑茶に含まれる”カテキン”、そして大豆に含まれる”イソフラボン”もファイトケミカルなんだそうです。他にもたくさんのファイトケミカルがあるのでまたその都度チェックしていきますね!

トマトなどに含まれる”リコピン”もファイトケミカル

こうして並べると以前からよく聞くものばかりで取り入れることが容易そうでうれしいですね♪

どうしてファイトケミカルががん予防にいいのでしょうか?

特に4つの働きががん予防にいいとされているんだそうです。ではどういった働きがあるのかをチェックしていきましょう!

どうしてファイトケミカルががん予防にいいのでしょうか?

1)免疫力を上げる

白血球は免疫力を上げる働きがあるとされています。白血球の免疫細胞の働きをファイトケミカルがさらなる活性化をしてくれるからだということが研究結果に上げられています。

ここでオススメのファイトケミカルがきのこ類に含まれる”β-グルカン”、ニンニクに含まれる”アリシン”、しょうがに含まれる”ジンゲロール”、そして海藻類に含まれる”フコイダン”です。

なんとこれらのファイトケミカルが含まれているという野菜などをスープにしたものを食べることで免疫細胞が40%近くも増えたという結果もあるそうですよ!

2)発がん性物質を排泄する

ファイトケミカルは肝臓で作られている解毒を促すとされている酵素をつくるお手伝いをするとされています。わさびやからしといった辛み成分やキャベツなどのアブラナ科の苦味がその働きがあるとされているそうです。

3)強い抗酸化作用がある

様々な病気の原因とも言われている活性酸素、これをこのファイトケミカルはなんと無害化にするとってもすごい働きをもっているんだそうですよ!

4)癌細胞への攻撃

できてしまった癌細胞。これをなんとファイトケミカルは攻撃し、増殖を抑える働きがあるんだそうです。特に白菜含まれる”グルコブラシン”、ネギに含まれる”システインスルホキシド”、そしてきのこ類に含まれる”β-グルカン”などがこの働きに大きく貢献するそうです。

ファイトケミカルを含む食材でスープを作ろう!

材料はとっても簡単!「キャベツ100g/タマネギ100g/人参/100gかぼちゃ100g」そして水です。

ファイトケミカルを含む食材でスープを作ろう!

これらの野菜を食べやすいサイズに切っていきます。切った野菜を大きめの鍋にいれ、野菜が隠れるぐらいの水を注ぎます。(鍋やできればルクルーゼのようなしっかりと蓋が締まるものが◎)そして強火で火にかけ、沸騰したら中火に。30分煮込みます。とっても簡単ですよね!

ここで重要なポイントをご紹介!まずは「野菜は皮ごと」にするということです。皮と実の間に一番多くのファイトケミカルがあるとされています。ですので皮は剥かずに利用してくださいね!次に「蒸気を逃さない」ということ。

蒸気にもファイトケミカルが含まれているんだそう。だから鍋も”しっかりと蓋がしまるもの”ということだったのですね!他にも調味料は使わない、スープは残さないようにする。と、大切なポイントがあるのでこれらは必ず守るようにしてくださいね!

このファイトケミカルスープを朝や夜のお腹が空いたときに1日200〜600mlほど摂ることで、効果的なんだそうですよ!

1日200〜600mlほど摂ることで、効果的なんだそう

PR