知ってる?内臓の活動時間 臓器によって違う内臓の活動時間とは?
44views

知ってる?内臓の活動時間 臓器によって違う内臓の活動時間とは?

呼吸をするために必要な肺、全身に血液を送る心臓、食べ物を消化する胃など、私たち人間が生きていくうえで大切な内臓ですが、内臓の活動時間がそれぞれ違うことを知っていますか?臓器によって違う内臓の活動時間についてご紹介します。

内臓の活動時間を学ぼう!

内臓の活動時間を知っていますか?心臓や肺、胃や腸など臓器によって、活動時間が異なります。それぞれの臓器の活動時間を勉強して、内臓に負担をかけない生活を送ることが大切です。

内臓の活動時間【心臓】

内臓の活動時間

心臓の活動時間は、午前11時から午後1時頃までです。この時間は、なるべく負担をかけないようにするために満腹感を得るまで食べることは避けた方が良いです。

内臓の活動時間【肺】

内臓の活動時間

肺は明け方3時から5時の間が最も活動をするときです。午前3時頃から登山を行う登山家が多いのは、肺の活動時間を踏まえているからなのです。

内臓の活動時間【胃】

内臓の活動時間

胃の活動時間は、午前中からだんだんと上昇し、お昼を過ぎて夕方までにピークを迎えます。そして、深夜に向かって活動が低迷するため、夜食を食べることは控えることが大切です。その分、朝はしっかりと食べるようにしましょう。

内臓の活動時間【小腸】

内臓の活動時間

小腸は午後に活動が低くなるため、午後からは腸を休めることが大切です。お昼ごはん後に眠気を感じるのは、血液循環がゆっくりとなるためで、お昼寝をすることで小腸を回復させることが大切です。

内臓の活動時間【腎臓】

内臓の活動時間

腎臓は、夕方5時頃から午後7時にかけて活発に働きます。それ以降は活動が低くなるため、なるべく水分をとることは控えるようにしましょう。寝る前に牛乳やコーヒーなどを飲んでしまうと、腎臓に負担をかけてしまいます。

内臓の活動時間【肝臓】

内臓の活動時間

肝臓は、午前中からお昼頃にかけて一番活発に機能します。夜は休憩時間となるため、夜遅くにアルコールを摂取することは控えるようにしましょう。

内臓の活動時間を考慮したダイエット法とは?

内臓の活動時間を考えて食事をすることで、痩せやすい体をつくることができます。朝食や昼食、夕食を食べるベストな時間やメニューについてご紹介しましょう。

内臓の活動時間を考えた朝食とは?

内臓の活動時間を考えた朝食とは?

内臓の活動時間を考えると、朝食は7時半頃に食べるのがベストです。

脂肪の消化に関係している肝臓が活動的になる時間のため、油分や脂肪分が少しくらい多くなっても問題ありません。脳が活発に働くために必要な糖質や、酵素が機能するために必要なたんぱく質をたっぷりと食べることが大切です。

【おすすめメニュー】
・ごはん、レタスとハムのサラダ、玉ねぎといり卵の炒め物、果物たっぷりヨーグルト、紅茶

内臓の活動時間を考えた昼食とは?

 内臓の活動時間を考えた昼食とは?

内臓の活動時間を考慮して、昼食は12時にとるのがおすすめです。この時間帯は、たんぱく質の消化が可能な胃が活発に働くため、代謝効率を上げるためにたんぱく質をたっぷりととりましょう。

【おすすめメニュー】
・ごはん、豚肉とキャベツの炒め物、冷やしトマト、ホウレンソウのサラダ、野菜たっぷり味噌汁、おつけもの

内臓の活動時間を考えたおやつとは?

内臓の活動時間を考えたおやつとは?

内臓の活動時間を考えると、16時から17時の間におやつを食べるのがベスト!

この時間帯はインスリンの分泌が最も高くなるため、チョコレートなどの甘いものを食べても大丈夫です。また、紅茶やコーヒーなどの水分もしっかりととりましょう。

内臓の活動時間を考えた夕食とは?

内臓の活動時間を考えた夕食とは?

夕食は、内臓の活動時間を考えると19時から21時の間に食べるのがおすすめです。

ただ、この時間帯は肝臓が休憩するため、油分や脂肪分の多い食事はNG!野菜を基本として、たんぱく質を食べることが大切です。

【おすすめメニュー】
・ごはん(半分)、お刺身、野菜の煮物、きゅうりの酢の物

内臓の活動時間を考えて、食事をする時間帯とメニューを参考にダイエットにチャレンジしてみてください。

PR