夏疲れを回復させる鍵は自律神経の働きを正常に戻すことに有!
58views

夏疲れを回復させる鍵は自律神経の働きを正常に戻すことに有!

夏疲れを回復させるには、自律神経の乱れを正すと効果的です。夏は体温調節や基礎代謝などを活発化させようと自律神経がオーバーワーク気味になります。すると自律神経が乱れやすくなり、身体が疲れやすくなります。自律神経を整えるには、入浴や睡眠、食生活などに気をつけるとよいでしょう。

夏疲れを回復させるには?

夏疲れは自律神経も乱れがちです!

夏疲れは自律神経も乱れがちです!

夏の疲れは、自律神経の乱れと大きな関連性があることをご存じでしょうか。

自律神経は、身体の体温やホルモン、基礎代謝や免疫などをコントロールする働きがあります。そのため、30度を超す炎天下に出れば、汗を出して、体温を下がるようにコントロールさせ、冷房の効いた室内に入れば、身体が冷えてしまうため、体温を上げようと、全身の筋肉を収縮させる働きがあります。

そのため、夏の自律神経は常に24時間ハードワークで働きぱなし状態なのです。この働きぱなしの自律神経ですが、オーバーワーク気味になると、ついにヒートアップしてしまい自律神経の働きは低下し、基礎代謝や体温調節、ホルモンの分泌などの働きもうまくいかなくなってしまいます。

自律神経の働きが乱れることによって、身体の方も次第にだるくなり疲れやすくなってしまうのです。

自律神経の働きを元に戻すには?

自律神経の働きを元に戻すには?

乱れてしまった自律神経の働きを元に戻すには、まず身体を休ませることが大切です。

身体を休ませるには、まず睡眠を取ることが一番です。夏は夜更かしをせずに、成長ホルモンが分泌される午後10時から午前2時の間は必ず布団に入って、睡眠を取ることが一番です。また睡眠時間も大切で、どんなに忙しい時でも、夏疲れを回復させるためには8時間ぐらいの睡眠を取ることが重要です。

身体を温めよう!

身体を温めよう!

乱れてしまった自律神経を元に戻すには、お風呂で身体をしっかり温めましょう。

暑い夏は、シャワーだけという方も多いかもしれませんが、夏疲れを回復させるには、やはり温かい湯船に浸かり、身体をリラックスさせることが大切です。身体が温まることによって自律神経の働きも正常化されるため、身体の疲れが取れて行きます。いい香りのする入浴剤をお風呂に入れて、リラックスしましょう。

夏疲れを回復させるには食生活も重要です

冷たいものの摂り過ぎには注意しましょう

冷たいものの摂り過ぎには注意しましょう

暑い夏は、どうしても冷たいジュースや食べ物が恋しくなります。

ついつい何度も冷たいものを摂ったりすることはありませんか?冷たいものを摂り過ぎてしまうと、身体が冷えてしまい、血液の流れが悪くなってしまうため、むくみなどが出やすくなります。体内にも疲れの原因となる乳酸が溜まりやすくなってしまうため、冷たい物の摂り過ぎには注意する必要があります。

夏疲れ回復にはお酢

夏疲れ回復にはお酢

お酢には、夏疲れ回復効果があります。夏バテした身体には、疲労物質でもある乳酸が血液に溜まりやすくなります。お酢を摂取することによって乳酸を分解してくれる働きがあるため、夏バテ知らずになります。お酢と氷砂糖、フルーツを漬け込み、サワードリンクを作って飲むのもお勧めです。

エアコンを上手に活用しましょう

職場と自宅での体温調節

職場と自宅での体温調節

暑い夏を乗り越えるためには、エアコンは欠かせない存在です。

ただ職場では、温度設定が低いため、仕事中に冷えを感じている方も多いのではないでしょうか。そこで、職場でエアコンが効き過ぎる場合は、カーディガンを羽織るなどして、体温調節をするようにしましょう。

身体が冷えて寒過ぎる場合は、温かいお茶などを飲むとよいでしょう。自宅では、エアコンの設定温度を28度ぐらいにして、室温を下げ過ぎないようにしましょう。

寝る時はタイマー設定で

室温が暑すぎると、なかなか眠りにつくことが出来ません。また逆に寒過ぎても、身体が冷えてしまい、寒さを感じ、睡眠の途中で目を覚ましてしまうこともあります。

良質な睡眠を摂るためには、ある程度涼しくないと眠ることは出来ません。そこで、就寝前にタイマーを2時間程設定して、扇風機を弱めに回しながら就寝するとよいでしょう。

PR