夜食が習慣化がしている人要注意!夜食は老化を加速させるって本当??
61views

夜食が習慣化がしている人要注意!夜食は老化を加速させるって本当??

遅くまで働いていたりして夕食が21時以降であったり、お酒を飲んだ後、夜中になんとなくラーメンを食べるという方は多いのではないでしょうか。実は、この癖のある方は、様々な悪影響を及ぼします。例えば夜食は老化を進行させると聞くと怖いですよね。そこで、ここでは、夜食の悪影響を具体的に紹介します!!

夜食がもたらす様々な恐ろしい影響とは??

とにかく太る!!

人間の体は、体内時計の役割を果たしている時計遺伝子というものによって制御されています。

従って、食べて時間帯によって、体内での効果や影響が大きく変わります。例えば、起きてから、14時間以上経つと、食べたものが脂肪として蓄積させやすい時間となります。

そのため、夜の遅い時間に食事をすることが習慣化されてしまうと、血糖値や中性脂肪の値が上昇しやすくなる可能性があるので、注意が必要です。

とにかく太る!!

老化が進む!

夜食を食べて、血糖値が上昇したまま眠ってしまうと、寝ている間に血糖値が上下し、体はしっかりと熟睡することができません。すると、お肌の水分量や皮脂量が低下してしまい、悪影響を及ぼしてしまいます。

また、活動量の少ない夜に食事をすると、糖質がエネルギーとして使われず、体内に残るので、糖化が促進されてしまいます。糖化が進むと、肌の弾力性が損なわれ、たるみやしわの原因になります。夜食は老化を進めさせるというのは、このようなことが要因となっています。

老化が進む!

夜食は、女性にとって恐ろしいものということがお分かり頂けたでしょうか。中には、夜食が習慣化しているという方もいるでしょうが、できれば今日から美容と健康のために、夜食はやめるようにしたいものですね。

老化をさせない食べ方とは??

腹7分目を心がける!

現代人は、ほとんどの方が1日3食の文化で生活をしているので、食事回数を減らすというのは、とても難しいことですよね。そこで、ここでは、食べる時は腹7分目を心がけようということを提案します。すると、空腹の状態に現れる若返り遺伝子がオンになり、老化を防ぐことができますよ。

腹7分目を心がける!

お腹がすいても30分~1時間は我慢しよう!!

お腹がすくと、すぐに何かを食べたくなるという方は多いのではないでしょうか。

しかし、そこで、少し我慢してみて下さい。若返り遺伝子を意識して、30分~1時間程度我慢してから食べるように心がけてみましょう。すると、若返り遺伝子がオンの状態になり、お肌を活性化してくれますよ。

お腹が空いてどうしようもない時は、軽くストレッチしたり、炭酸水を飲む、シュガーレスのガムを噛むというのも効果的です。

お腹がすいても30分~1時間は我慢しよう!!

糖分を避けよう!!

小腹がすいた時のおやつは、できるだけ糖分を避けるように心がけましょう。

例えば、缶コーヒーやケーキ、アメ、果物などに含まれる糖質は、インスリンの急激な分泌を促すのでできるだけ避けるようにした方が良いです。また、夜食は睡眠中に出る長寿遺伝子の働きを妨げるので、この時間の飲食は絶対にNGですよ。

糖分を避けよう!!

昼間、どうしてもお腹が空いた時は、豆乳やナッツ、チーズなどを食べるのが良いでしょう。

空腹時間が老化を遅らせる!!

食生活と老化はとても密接な関係があります。現代社会は、食べ物が溢れていて、いつでもどこでも食べることができます。

しかし、日頃から少し空腹を楽しむという気持ちを持つことで、老化を防ぎ、いくつになっても若々しくいることができるのは事実です。ぜひ、空腹をしっかり楽しんで、老化を遅らせたり、健康でいられるよう心がけましょうね。

空腹時間が老化を遅らせる!!

PR