仕事の合間のストレッチで、心身ともにリフレッシュしよう。
35views

仕事の合間のストレッチで、心身ともにリフレッシュしよう。

デスクワークは、座って行う仕事のため、楽なように思われがちですが、長時間でのパソコン作業で、肩が凝って目が疲れてしまったり、座り続けていることで、腰に負担がかかってしまうものです。そんな時に座ったままできる仕事の合間のストレッチを紹介します。ストレッチで、心身ともにリフレッシュしましょう。

デスクワークで、身体が凝り固まっていませんか?

オフィスワークで多いのは、肩こり、腰痛。

デスクワークで、パソコンに向かって、長時間作業を続けていると、首から肩にかけて、凝り固まったようになったり、目の疲れを感じたりするものですね。

また、腰に一番負担になるのは、同じ姿勢を続けることと言いますから、座りっぱなしでの作業は、腰痛の原因にもなりかねません。さらに、動かさないままの足のむくみも気になるところです。

できれば立ち上がって、両手を上にあげて、思い切り身体を伸ばしたり、歩き回ってリフレッシュしたいところですが、オフィス環境によっては、なかなかそうもいかないケースもあるでしょう。そんなときは座ったままできるストレッチを試してみましょう。

オフィスワークで多いのは、肩こり、腰痛。

仕事の合間のストレッチを実践しよう。

デスクワークでの疲れを解消するために、立ち上がらなくても、座ったまま行うことのできるストレッチがあります。

1時間に1度程度のペースで行うのが理想的ですが、それが難しい場合は、午前中に1度、午後に1度でも構いませんから、行ってみましょう。1日の仕事が終わった後の、身体の疲労度が違うはずです。

仕事の合間のストレッチを実践しよう。

仕事の合間のストレッチの方法。

首から肩にかけてのストレッチ。

デスクワークを行う人に多いのが肩こりです。

パソコンに向かって集中して作業をしていると、どうしても前かがみになり、頭の重さも支えなければなりませんから、首から肩にかけて負担がかかってしまうのです。

まずは首のストレッチから始めましょう。

椅子にまっすぐに座り、アゴの骨を下から親指で持ち上げるように押して首を伸ばす、という動きを繰り返しましょう。次に、左手を上に伸ばして肘を曲げ、頭を上から包むように持ち、頭を左肩のほうにゆっくりと傾けていきます。痛くなるギリギリのところまで、ゆっくりと伸ばし、次に右手でも同じように行います。

首の次は肩のストレッチです。

左手を右肩の上に置いて右手は肘を曲げて肩のラインくらいまで持ち上げ、肘を大きく円を描くように後ろ周りに回します。左手を右肩に置くのは、肩を固定して、動かさないようにするためです。右が終わったら、左も同様に行います。

首から肩にかけてのストレッチ。

腰と足のストレッチ。

椅子に座り続けている腰の負担を軽くするためのストレッチです。

椅子に座って、左足が上になるように足を組み、上半身を左にねじるようにして右腕は下に軽くおろし、右腕で左足を外側から押すようにします。左手で椅子の背もたれをもつようにすると、行いやすいでしょう。背中から腰にかけて、伸びるのがわかると思います。これも右も同様に行います。足は、血行を促すために、デスクの下で膝を真っすぐにして伸ばし、足首をグルグルと回しましょう。

腰と足のストレッチ。

 

 

 

目のストレッチ。

仕事中はパソコンを見続け、仕事以外の時間ではスマホを見る時間が長い人は、目の疲れもかなりのものでしょう。目のストレッチを行うことで、少しでも疲れを和らげましょう。

まず、目をしっかり閉じて、パッと思い切り目を見開くように開けます。これを5回から10回繰り返しましょう。次に目を上、下、左、右、と順番にはっきりと動かします。ずっとパソコンの画面を見て緊張していた目を、上下左右に大きく動かすことでリラックスさせてあげましょう。

デスクワークの中に、ストレッチの時間を取り入れることで、心身ともにリフレッシュすれば、仕事の効率アップにもつながるでしょう。

目のストレッチ。

PR