デスクワークだって大丈夫!時間があればやってみたい!座ってできる運動
36views

デスクワークだって大丈夫!時間があればやってみたい!座ってできる運動

運動は立って行うだけではありません。座ってできる運動もあるです。デスクワークの人は、ちょっとした仕事の合間やリフレッシュをしたいときなどに行うこともできます。少しだけの運動でも、毎日コツコツやっていたら、意外とダイエットにつながるかも!?今回は気軽に座ってできる運動とその効果についてまとめました。

座ってできる運動でリフレッシュ&エクササイズ

座ってできる運動でリフレッシュ&エクササイズ

パソコンやデスクワークなどで一日中座っている女性は少なくありません。

そうなると、お昼過ぎには眠くなってきたり、同じ姿勢で疲れてしまうことも。そんなときには、リフレッシュできる運動があればよいですね。ただ、運動といって 、立ち上がって何かをするとなると、それも目立つし、ちょっと恥ずかしい・・・。

そんなときに、座ってできる運動は役に立ちます。運動をすれば、その分、ダイエット効果やリフレッシュ効果が期待できます。今回はいくつかの座ってできる運動を効果別にご紹介しましょう。

ふくらはぎに効果があるエクササイズ

ふくらはぎに効果があるエクササイズ

背もたれにもたれかからずに、両膝をそろえて座ります。そのままかかとを上げ下げするエクササイズです。できれば、足首もそろえて、足の指先は床につけたまま一定のリズムでかかとを上げ下げしましょう。足首とかかとをあげたときに、10秒ほどそのポーズをキープします。これを10回繰り返します。ふくらはぎの筋肉はもちろん、太ももの筋肉にも刺激が与えられるでしょう。

腹筋を鍛えるエクササイズ

腹筋を鍛えるエクササイズ

椅子に浅く腰掛けます。そして、そのまま足をそろえて座りましょう。そして、両膝をそろえて、足を床から浮かします。その両足が床についていない状態を10秒キープします。これを10回繰り返しましょう。腹筋に刺激が加わり、腹筋が鍛えられているのがわかります。

インナーマッスルを鍛えるエクササイズ

インナーマッスルを鍛えるエクササイズ

足に何かをはさみながら、その態勢を維持します。例えば、オフィスにクッションやひざ掛けなどがあれば、それを両足首や両膝で挟み込んで、その態勢をしばらく維持させます。この状況が慣れれば、そのうち、足で挟みながら足の上げ下げも加えると、より効果的です。この運動で、普段なかなか痩せにくい内腿やインナーマッスルを鍛えることができます。

意識を変えるだけでもエクササイズに

意識を変えるだけでもエクササイズに

エクササイズは汗をかいたりするからちょっと・・・と思っているのであれば、普段のデスクワークでの心がけだけでも、エクササイズ効果があります。

姿勢を正しく

正しい姿勢は、効果的なカロリー消費を生み出します。正しい姿勢は、運動をした場合きちんとしたカロリーを消費することができます。正しい姿勢をする、ということだけでも、必要な筋肉を動かしていることにつながります。

締めたい部分を意識する

ただ単に座っているだけでも、お尻を引き締めたいと思っていれば、そのお尻を意識させるだけで、お尻に筋肉を締めて座っていることになります。その分、お尻の周りの筋肉は、意識して使われるようになります。このような心がけをする、しないだけで、少しずつではありますが、変わってくる部分があるでしょう。

呼吸法も意識すること

エクササイズをする中で、呼吸はとても大切な役割をしています。例えば、エクササイズのときは、つらい姿勢をキープしている間は、できる限り息をはいて行うこと。これをすることで、そのエクササイズがより効果的になります。エクササイズで10秒間キープする、などの場合は、その10秒間はなるべく息を吐いておこなうようにしましょう。

PR