出かける前にチェック!海で触っちゃいけない場所・物・生き物
48views

出かける前にチェック!海で触っちゃいけない場所・物・生き物

海で触っちゃいけない場所や物、また触ると危険な生き物をまとめました。海は夏のレジャーの王様ですが、一歩間違えると危険がいっぱい。不用意に触ることで生命の危険が及ぶことすらあります。お出かけ前に確認しておきましょう。

楽しい海遊びは怪我の危険がいっぱい!

sunglasses-1284419_640

夏の定番のレジャースポットといえば何といっても海ですよね。でも海は一歩間違えると熱中症や日焼けなどの病気や、怪我の危険性が高い場所です。

今日は海で触っちゃいけない場所や、触ると危険な生き物などをご紹介します。

海で多い岩や貝殻での怪我

海で多い岩や貝殻での怪我

海の怪我で多いのが、尖った岩や貝殻、流木や珊瑚のかけらなどを踏んずけたり、触ってしまうことによる怪我です。

思った以上にナイフのように鋭いことが多く、深い怪我を負うこともあります。決して素手や素足などでは触らないでください。

特に、珊瑚のかけらなどの多い南方の海に出かける時や、磯遊びもしたい場合は、裸足やビーチサンダルだけではなく、マリンシューズやゴム長靴、マリングローブなどの装備品も持って出かけましょう。また、事前準備なしで磯遊びをすることは避けましょう。

海で怪我をしたら、傷口を綺麗な水で洗い流し、重症の場合は病院へ。

善意のつもりが…触ってはいけない海ゴミ

海で漂流ゴミや他人の捨てたゴミを拾うのは大変素晴らしいことです。是非、自分のゴミを片付けるついでに他のゴミも拾ったり、海岸のクリーンアップボランティアなどに参加してください。

しかし、海ゴミの中にも触ってはいけないものがあることはご存知ですか。

割れたビンなどのガラスの破片には注意しましょう。注射器にはどんな病原菌があるか、どんな薬剤が付着しているかわかりません。絶対に触らないように、発見したらライフガードさんなどに報告するようにしましょう。

超危険!海で触っちゃいけない生き物

 超危険!海で触っちゃいけない生き物

海は生命の母。海水浴や釣り、磯遊びの際にさまざまな生き物とであることもあります。

しかし海には触ってはいけない危険な生物がたくさんいるのです。

猛毒クラゲ・カツオノエボシ

カツオノエボシ/wikipedia

カツオノエボシ/wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%84%E3%82%AA%E3%83%8E%E3%82%A8%E3%83%9C%E3%82%B7

クラゲには触ってはいけません。毒のある触手で刺され、痛みや腫れを引き起こします。クラゲは海中や海岸でビニールゴミと見間違えやすいので拾おうとうっかり触れないようにしましょう。

クラゲの中でも特に危険なのが猛毒のカツオノエボシです。毒性が強く刺されると猛烈に痛く、アナフィラキシーショックで死亡することもあります。本州の太平洋側の海岸でしばしば見られます。もし刺されたら、水などで洗い流し、医療機関を受診しましょう。

殺人蛸・ヒョウモンダコ

 殺人蛸・ヒョウモンダコ

ニュースでも話題になったヒョウモンダコは10cmほどの小さなタコです。普段の色はさまざまですが、怒ると青い輪郭のある豹柄が浮き出てきます。

唾液に神経毒が含まれ、噛まれたり唾を吐かれると、呼吸困難などで死亡するケースもあります。本来は小笠原諸島以南の海にしかいなかったのですが、近年は九州でも発見されています。

噛まれたらまず人工呼吸などで呼吸を確保しつつライフガードや救急車などを呼んでください。

棘の長いウニ・ガンガゼ

棘の長いウニ・ガンガゼ

ウニの棘は案外短く、触ってもそれほど深い傷にはなりません。

しかし、ガンガゼという棘の長いウニは危険です。20cm~30cmにもなる長い棘が皮膚に深く刺さり、しかもこの棘は抜けないようにかえしまでついているので、筋肉などに残って後遺症をのこしたり、手術が必要になることもあります。

房州以南の海に普通に数多くいるウニです。刺されたら無理に棘を抜かないで。逆針が体内に残る危険性があります。

他にもたくさん、海で触っちゃいけない生き物

オニヒトデ/恩納村

オニヒトデ/恩納村
http://www.vill.onna.okinawa.jp/Default9cf2.html

海にはその地域ごとに、危険な生き物がたくさんいます。

毒のある棘を持ったオニヒトデや、夜釣りでおなじみのひれに毒のある可愛い魚のゴンズイ、砂や岩に隠れているウミケムシなどが代表例です。

海にお出かけの際はその地域のガイドブックや標識、自治体のHPなどを見て、生息している危険生物を確認することも大切です。

PR