コレステロール値の見方をしって病気リスクを回避しよう
61views

コレステロール値の見方をしって病気リスクを回避しよう

健康診断の中でも特に重要なコレステロール値の検査。コレステロールの量が基準よりも低かったり高かったりすることで様々な病気の可能性やリスクが考えられます。健康診断のコレステロールの数値により糖尿病や生活習慣病への危険性が分かるので必ず見方を知っておく必要があります。

コレステロールの役割とコレステロール値の調べ方

自分ではなかなか気づくことのできない病気や身体の異常を発見するために、毎年の健康診断や人間ドッグは欠かせません。

痛みも感じないし、外傷もないので自分は健康体・・・そんな風に思っていても検査をしてみると大きな病気にかかっていた!なんて例はたくさんあります。

特に、糖尿病や高血圧症などは初期の段階ではほとんど自覚症状がないため健康診断でのコレステロール値の結果は早期発見のための大切な目安となります。

しかし、健康診断はきちんと受けているけど結果表を見ても診断内容がよく分かっていない・・・なんて人も多いのではないでしょうか?

健康診断の結果は問題がなくても数値によっては異常ありの一歩手前ということもあるので、健康診断を受けるならきちんとした見方を知っておくことは大切です。

ここでは、そんな健康診断の結果におけるコレステロール値の正しい見方とコレステロール値の上昇によって発症する病気についてまとめました。

コレステロールの役割とコレステロール値の調べ方

コレステロールについて知ろう

コレステロールは太る、コレステロールの取りすぎはダメ・・・なんてコレステロールについて漠然と“身体によくないもの”という認識を持つ人は多いと思いますが(結局コレステロールって何がいけないの?)なんて人も多いと思います。

まずコレステロールを全身へ運ぶ” LDL(悪玉)コレステロール”とあまったコレステロールを肝臓に運ぶ“HDL(善玉)コレステロール”という性質が異なる2種類が存在します。

本来コレステロールは細胞を構成するために必要な細胞膜の材料です。

LDL(悪玉)コレステロールとHDL(善玉)コレステロール2つの働きによって、細胞が絶え間なく新しいものと入れ替わり生体機能を維持することができるのです。

また、コレステロールは人間から分泌される様々なホルモンや脂肪の消化に必要な胆汁酸を作るための材料でもあります。

このようにコレステロールは実際“身体に悪い”どころか“身体を構成するうえで重要な成分”なのです。

しかし、体内のコレステロールのバランスが崩れ悪玉コレステロールが増えすぎると処理しきれなくなったコレステロールが血管壁の内側にこびりつき様々な病気を引き起こす原因となります。

健康診断では血液検査によってこの両方のコレステロール値を計測して異常が起きていないかを判断します。
コレステロールについて知ろう

コレステロール値の診断基準

健康診断で診断できるコレステロール値は3項目に分かれていてそれぞれに基準値があります。その数値は基準値より高くても低くても異常ありと判断されます。

① 総コレステロール(T-CHO)値
T-CHO値の基準値は150~199 mg/dl、境界域は200~219 mg/dl、それ基準値以下や境界線以上は異常ありです。
総コレステロール値が高いと糖尿病、肥満症、脂質異常症の可能性や脳卒中や心臓病のリスクが高まります。

② LDLコレステロール値(LDL-C)
基準値は70~119 mg/dl、境界域が120~139 mg/dl、異常値は正常値以下は異常ありです。
LDLコレステロールの数値はコレステロール値の中で最も重視しなければいけない部分です。LDL-Cの数値が異常だと、糖尿病、高血圧症、生活習慣病、脂質異常症、肝臓疾患などの可能性が考えられます。

③ HDLコレステロール値 (HDL-C)
基準値は40~119mg/dl以上 で40 mg/dl未満や199以上は異常ありと診断されます。
HDLコレステロール値が低すぎる場合、脂質異常症や肝臓疾患、バセドウ病の可能性が考えられ、動脈硬化や生活習慣病のリスクが上昇します。

以上のように健康診断表におけるコレステロール値は判断されます。

コレステロール値の診断基準

コレステロールを増やさない生活

コレステロールは増えていても自覚症状が少ないためなかなか気づかず、少しずつ病気へのリスクを高めていきます。

そのため、健康診断の結果をしっかりと理解してコレステロールを増やしすぎない生活を心がけることが病気予防につながります。

コレステロールを溜めすぎない生活の基本は、油っこいおかずやお肉中心の食生活を見直しバランスの取れた食事を心がけることです。

また、肝機能の強化はコレステロールを処理する能力をUPしコレステロールの蓄積を防ぎます。肝機能の向上に効果的なタウリンを多く含んだ食品を積極的にとるようにしましょう。

french-fries-164688_640

PR