一日一個までじゃなかったの?栄養価のある卵は一日何個食べても良いの?
93views

一日一個までじゃなかったの?栄養価のある卵は一日何個食べても良いの?

なんとなく一般常識として、卵は一日一個しか食べてはいけないというルールが浸透していますが、実は卵は一日何個食べても良いのです。卵と言えばコレステロール値が上がってしまうため、食べ過ぎると身体によくないと言われてますが実際にはコレステロール値に変化はおきません。一日3個程度であれば食べても大丈夫です。

卵は一日何個食べても良いの?

世間ではよく一日一個までと言われていますが

一日3個ぐらいまで食べれる!?

卵はどんなに好きでも、一日一個までとよく世間で言われています。

卵を一日一個までしか食べていけないという理由は、コレステロール値が上がってしまうからです。

しかし実際には、健康な人であれば卵を一日3個食べ続けても、コレステロール値が上がることはありません。卵は一日何個食べても良いのか、上限は特にありませんが、カロリー面を考えると一日3個ぐらいが限度かもしれません。

ところでコレステロールってなに?

悪いものと思われていますが、身体に絶対に必要な栄養素でもあります

コレステロールが上がるという言葉をなんとなく耳にする機会があるのではないでしょうか。よく聞く言葉だけれど、ところでコレステロールとはいったいなんなのでしょうか。

コレステロールは、悪いものと思われていますが、身体に絶対に必要な栄養素でもあります。

細胞膜を作ってくれ、性ホルモンの原料となり、脂肪を消化するための胆汁酸の原料にもなります。コレステロールが身体の中で少なくなってしまうと、血管が破れてしまいます。免疫力も低下してしまいます。成人男性の場合だと、身体には140グラムのコレステロールが必要なのです。

卵は健康の味方でした!

卵を料理を食べるとお腹が空きにくくなる!

卵は健康の味方で、適正体重に保ってくれる効果があります

卵は健康の味方で、適正体重に保ってくれる効果があります。

そこで太り過ぎの方は卵料理を食べて、ダイエットをしてみてはいかがでしょうか。

朝食に卵料理を食べると、卵はタンパク質であるため、血糖値の上昇を防いでくれます。またタンパク質は脂肪に変化しないため、卵を食べ過ぎても身体に脂肪が蓄積する心配もないのです。しかも卵は消化に時間がかかるため、お腹が空きにくくなるため、間食を食べ過ぎてしまうこともありません。

卵で身体の調子を整えることもできます

卵は完全食品でもあります

卵は完全食品でもあります。

良質なアミノ酸やタンパク質、ミネラルを含んでいるため、美肌効果や美髪効果も期待することができます。抜け毛を予防する効果や爪も丈夫になります。

善玉も増やしてくれます

悪玉を減らしてくれる働きのある成分が含まれているので、善玉を増やしてくれる働きがあります。

卵一個は80キロカロリー

完全食品の卵ですが、卵一個が80キロカロリーであることを考えると、いくらたくさん食べてもいいと言われてもやはり限度があります。10個も食べてしまうと800キロカロリーになってしまうため、一日に二、三個までにしておくといいでしょう。

不足すると病気になってしまいます

コレステロールが不足すると、脳内にあるセロトニンという物質が不足してしまいます。その結果、アルツハイマー病や鬱などの病気になりやすくなるので、卵を全く食べないという生活も問題があります。

成人になってから卵アレルギーになってしまうことも

アレルギーは突然起こってしまうこともあります

卵は成人になってから卵アレルギーになってしまうこともあります。

身体の免疫力が低下していると、アレルギーになってしまうこともあるので、疲れているときや病気のときはあまり食べない方がよいかもしれません。アレルギーは突然起こってしまうこともあります。

これまで食べた卵のアレルゲンが身体に蓄積して、アレルギーが発症することを考えると、やはり一日、二、三個ぐらいが限度かもしれません。

PR