リラックス状態を作る方法とは?心とカラダに効くアイデア
101views

リラックス状態を作る方法とは?心とカラダに効くアイデア

リラックス状態を作ることで、日々の緊張や不安、頑張りから自分の心とカラダを解放してあげましょう。 でもどうやって?脳をリラックスさせる必要があるけどどうやって? 今回はズボラさんでも簡単に取り入れられるリラックス状態を作るアイデアを紹介します。

リラックスしよう

リラックス状態を作ることを意識していますか?

体にガタッときてから気付くことも多く、日常のストレスの蓄積を見て見ぬふりしていませんか?

自分を緊張や頑張りから少しでも開放して、リラックスした状態にしてあげましょう。それが心とカラダの健康の近道です。

今回は、簡単に取り入れることができるリラックス状態を作るアイデアをいくつか紹介しますので参考にしてみて!

リラックス状態を作ることを意識していますか?

心とカラダへのリラックス状態の効果

リラックス状態とは、心とカラダがゆったりと安心した状態のこと。

リラックス状態では、筋肉は適度にゆるみ、呼吸は深くゆっくりと一定で、脈や血圧も安定しているはずです。さらに、ちょっとしたストレスには負けない強さ、回復力を持ち合わせています。

疲労の回復や、前向きな思考に影響するので、だからこそリラックス状態を作ることをスポーツ選手なんかは積極的に取り入れていたりするのです。

他にも女性に嬉しい効果もあり、アンチエイジングや頭痛や肩こり、腰痛の改善につながるとも言われています。

何もしないのはリラックスではない

リラックスというとすぐに何もしないでだらーっとしていることをイメージするかもしれませんが、実は脳をリラックスさせるためには、変化が必要なのだそう。

家でだらーっとがかえって疲れてしまうのはこういうわけです。

よくON・OFFといいますが、脳の切り替えができることが心とカラダのリラックス状態には欠かせません。いつも同じような生活でなんの刺激もないと感じていなかったら、生活にメリハリをつけることを考えましょう。

「ちょっとした緊張とそれからの解放」がキーワードです。

新しい場所や人、行ったことのないお店などちょっとした変化はすぐそこに転がっているものです。

「ちょっとした緊張とそれからの解放」がキーワード

筋弛緩のストレッチでリラックス

リラックスの条件を理解すると軽い運動は必要ですね。

ウォーキングは忙しい女性にも日常に取り入れられるのでおすすめです。会社や学校の行き帰りに小分けにしても大丈夫です。

また、家庭やオフィスでも簡単にできるリラックス方法としては、筋弛緩のストレッチです。無理の無い程度に5秒ほどわざと筋肉に力を入れたあと、力をすとんと抜く、ただこれだけ。あー今力が抜けていると感じられるのが大事です。

家事の合間、通勤途中の電車の車内でも、座り仕事でも立ち仕事でもそのままの姿勢でできるのでおすすめです。

筋弛緩のストレッチでリラックスしましょう

飲みものでリラックス

ズボラなわたしにもできるように、日常的に口にするものでなにかリラックスできないかと調べてみたら、飲み物で「炭酸(無糖)」にはリラックス効果があるそうです。

炭酸水に含まれる炭酸ガスは、体内の疲労物質である水素イオンを除去したり、血行を促進してくれるのでリラックス効果が期待できますね。

ビールを想像して少し納得された人もいるかもしれませんね。

また寝る前に牛乳を飲むとトリプトファンの効果で質のよいリラックスした睡眠が得られることは特に外国で取り入れられている方法です。

自分にあったリラックス方法を

音楽は脳へのアプローチとして効果があると言われています。

情報処理に左脳を使うことが多い現代人は、左脳も右脳も活発になる音楽を取り入れると脳の左右バランスもよくて脳が喜ぶそうです。

香りが好きな人は嗅覚からリラックスする方法もあります。

もう一つ当たり前のことで見落としがちなのは、「呼吸」です。ゆったりとした呼吸、胸を開く正しい姿勢で深く呼吸できるように意識するだけでも違います。

たくさんのリラックス方法を持っているのもいいでしょう。

なにかご自分にあったリラックス方法が見つかるといいですね!

香りが好きな人は嗅覚からリラックスする方法も

PR