健康管理にはLH比が重要な要素です。しっかり知識を得て健康に過ごそう
67views

健康管理にはLH比が重要な要素です。しっかり知識を得て健康に過ごそう

健康管理には血液中のコレステロールの比率である、LH比が重要です。悪玉と善玉のコレステロールの値の比率であり、両方のバランバランスが重視されています。そしてLDH比はその目安として脳卒中や心筋梗塞の予防に注目されています。

LH比をコントロールすることにより、健康的な体にしよう

コレステロール値が高いとどのようなことになるか

そもそもコレステロール値が高いとどのようなことになるか

コレステロールは、細胞を包む細胞膜の原料になっていたりビタミンDの合成に使われる体に有益な物質であり、一日に必要とされるコレステロール量は1000から1500ミリグラムとされています。体内で生成されるものが3分の2、残りを食物から摂取しています。

しかしながら身体の各所にコレステロールを運びすぎると血管内壁にへばりついてそのまま放置すると動脈硬化を起こします。動脈硬化は心筋梗塞や脳卒中を引き起こしますので注意が必要です。

そのためコレステロールは必要でありますが、時に有害なこともあります。コレステロールを身体全体に運ぶものを悪玉コレステロールといい、逆に余ったコレステロールを細胞壁から運び出すものを善玉コレステロールといいます。
コレステロールは比重が重要

コレステロールは比重が重要

悪玉コレステロールが増えると良くありませんが、善玉コレステロールが少ないのも問題です。そこで重要視されるのが善玉コレステロールと悪玉コレステロール値の比率です。

悪玉コレステロールはLDLコレステロールと言われており、善玉コレステロールはHDLコレステロールと言われています。これらの比率が、健康管理に最も重要です。なぜなら、LDLコレステロールの値が正常であっても心筋梗塞を起こすような例があるからです。

HL比が重要ですが、どのくらいの値なら良いのか

LH比は1.5以下できれいで健康な状態であるといわれ、2.0以上とするとコレステロールの蓄積が増えて動脈硬化が疑われます。

LH比が2.5以上になると、血栓ができている可能性があり、心筋梗塞のリスクも高まります。

健康診断でも総コレステロールと善玉HDLコレステロール、悪玉LDLコレステロールの値が出されます。そのため、素人でも簡単に計算することができます。コレステロールを見直し、心筋梗塞を予防することができます。

LH比が重要。悪玉コレステロールをへらして健康な体に

食事が大事

LH比を改善するためには、悪玉LDLコレステロールを減らし、善玉HDLコレステロールを増やすことが重要です。そのため悪玉LDLコレステロールを減らす食品を取ることです。

コレステロールの高い卵などの食品を減らすことも重要ですが、コレステロールを減らす食品である、イワシやマグロ、サバといった魚や大豆などの植物性タンパク質などを積極的に取ります。

水溶性植物繊維、たとえば海藻やキノコなどにもLDLコレステロールを抑制する働きがあります。ですので生活に取り入れることが必要です。

善玉HDLコレステロールを増やすにはどうしたらよいか

善玉HDLコレステロールを増やすには、適度な運動を続けることです。ジョギングやウォーキングを継続することで善玉HDLコレステロールを増やすことができます。

血糖値が高い人や肥満が疑われる人は善玉HDLコレステロールが少ないとも言われています。

ですので、血糖値が高い人やメタボリックシンドロームが疑われる人は、早めに医師などの診察を受け、適切な処置を取ることが必要です。

動脈硬化は心筋梗塞や脳卒中のリスクを高めます。
死につながるだけでなく後遺症が残る場合もありますので、しっかりと管理することが必要です。

PR