これってサザエさん症候群?休み明けの仕事のやる気スイッチの入れ方
191views

これってサザエさん症候群?休み明けの仕事のやる気スイッチの入れ方

休み明けの仕事のことを考えると、どんどん憂鬱になっていく…。そう、ちょうどテレビでサザエさんを見ていると感じる「休みが終わっちゃった」という暗ーい気持ち。こんな気持ちはほとんどの人が感じていることでしょう。でも、あの人は休み明けなのにテキパキ仕事をしている!私と何がちがうのでしょうか?

サザエさんのじゃんけんに勝った!きっと来週は良い一週間!
なんてごまかされていた小学生とは違います。

休み明けの仕事のことを考えると憂鬱な気分になってくるのです。
しかも、月曜日のことを考えただけで頭痛や胃痛がすることもあります。

そんなサザエさん症候群のあなたに、休み明けのやる気の出し方や体調の整え方を紹介したしと思います。

月曜日がやってくる!

どうにもスイッチが入らない

世界的には「ブルーマンデー」と言うのですが、金曜日とは対照的に休み明けの月曜日にはどうもネガティブなイメージがありますよね。

日本では日曜日の終わりと言えばということで「サザエさん症候群」と表現されることもあります。
いずれも日曜日の夕方頃から明日の会社や学校のことを考えると憂鬱な気持ちになったり、体調が悪くなったりします。

もっと休みたいのにと思うこともよくあります。
ごくごく軽度のうつ病の一種とも言われることもありますが、これは誰にでも起こりうる現象です。

でも、本来誰もが新しい一週間を頑張りたいと思う気持ちはあるものです。
しかしどうにもスイッチが入らないのです。

ギャップを埋めて体調を整える

原因のひとつは、平日と休日のギャップにあります。
寝溜めしようと昼まで寝ていたり、昼寝をしていませんか?
また、外食や飲酒、間食ばかりになっていませんか?

こうした平日と休日の生活スタイルの違いが体にストレスになり、休み明けに体を戻すときのスイッチを重たいものにしています。

さらに、休みだから何もしないでだらだらというのもありがちなパターンですが、一見、体は楽かもしれませんが、これでは溜まっている脳のストレスが解消されないと言います。

つまり、体のストレスと、脳のストレスを解消して初めてスイッチがカチッと作動すると覚えておきましょう。

昼寝をしていませんか?

アクティブな対処法

休み明けの仕事のやる気の出し方には大きく分けて2パターンあります。
まずは、ポジティブに解消する方法ですが、「休みもなるべく同じ時間に起きる」ことを始めましょう。

睡眠と寝起きを整えるのです。
夜更かししたい気持ちもわかりますが、そうすると必然的に朝寝坊したくなりますよね。
ですから、睡眠時間をきちんと確保して休日の朝も平日と同じか、プラス一時間程度で起きるようにしましょう。

昼寝を避けることも大切です。
そして月曜日の朝に太陽の光を浴びて起きられるようにカーテンを少し明けて眠るのがおすすめです。
休日に適度な運動をするのも睡眠の質を整える上で効果的です。

やることリストを書くことでスイッチを入れる

やることリストを書くことでスイッチを入れる

紙に書くという方法でスイッチを入れる方法もあります。
平日はなにかと時間がないものなので、休日のうちに「やることリスト・やりたいことリスト」をあえて作るのです。
月曜日、オフィスについて「さあ、なにやろうか」ではエンジンがかかるのがどうしても遅くなってしまいます。

仕事モードにスムーズに入って行くために、月曜日からのやることリストを作っておくのがおすすめです。
その時のポイントは紙に書くことです。

頭の中で考えるのではなく、紙に書くことでやる気アップが図れます。

現実逃避による対処法

そうはいっても、そんなポジティブになれないという方に紹介したい対処法は、「現実逃避」。
次の休みにやりたいことを考えましょう。

例えば、次のお出かけ先を見つけてみたり、給料日に買いたいものをリサーチしたり、具体的な日程がなくても旅の計画を立ててみたり。
先にある楽しみをあえて具体化しましょう。

次の休みではなくても、「月曜日のランチだけ贅沢する」という方法や、「月曜日の朝にカフェで朝食をとる」という方法で乗り切っている人もいます。

休み明け、テキパキと仕事をしてデキる女性になるためにこんなちょっとした工夫を取り入れてみてはいかがですか?

PR