自分ですぐにできる!イライラや不安を感じた時に心を落ち着かせる方法
174views

自分ですぐにできる!イライラや不安を感じた時に心を落ち着かせる方法

毎日のようにイライラしたり不安に感じたりすることがありますよね。でもストレスは万病の元。ストレス過多になる前に何とか対処したいものです。こちらでは自分でできる心を落ち着かせる方法についてご紹介します。

f433015eae9615e479d603d86d171ff0_s悩む困る

ストレス社会の昨今、毎日のようにイライラしたり不安になったりすることがあるかもしれません。「みんな同じ!落ち着け、落ち着け」と自分に言い聞かせても、逆効果だったり心が折れてしまったりすることもあるでしょう。

こちらでは、そんな時に役立つ、自分で心を落ち着かせる方法をご紹介します。

心を落ち着かせる方法

癒し+美容+健康の三拍子揃ったアロマテラピー

バスタイムであればマッサージもおすすめ

人は不安や緊張でストレスを感じると呼吸が早まります。心臓の鼓動が早くなりとても息苦しくなっていきます。

そんな浅くて速い呼吸を元に戻すためには、アロマテラピーが効果的です。

リビングでも良いですし、バスタイムでも良いでしょう。香りを楽しむだけでも良いですし、バスタイムであればマッサージもおすすめです。心身をリラックスさせるのはもちろん、睡眠の質を上げたり、記憶力や集中力を高めたり、寝起きをすっきりさせてくれます。

アロマテラピーは、美容や健康にも効果的です。マッサージすることで乾燥やニキビを予防したり、シワやたるみ、くすみなどが改善されます。疲れ目や疲労感、かぜの症状、それにコリやむくみ、胃腸やPMSにも効きます。

セロトニンとオキシトシンを活性化

心打たれる詩集や本を読んだりしてみましょう

別名「幸せホルモン」と言われる神経伝達物質、セロトニンとオキシトシンが活性化するとストレスを感じなくなったり、気持ちが軽くなったりします。ニュースエブリィのコメンテーターでお馴染、鎌田實先生も、著書「がまんしなくていい」の中で同じことを指摘しています。

セロトニンは自分が感動することで活性化されます。ジーンとして泣けるようなドラマや映画を観たり、心打たれる詩集や本を読んだりしてみましょう。

オキシトシンは、自分が誰かを幸せにすることで活性化されます。誰かの世話をしたり困っている人を助けたりしてみてください。

動物の世話も有効です。アニマルセラピーというリハビリもあります。ペットを飼ってスキンシップをしたり一生懸命お世話をしたりしてみましょう。ペットと信頼関係が築ければ、自分に自信がつき、安心感も生まれます。

ペットが飼えなかったり自分しかいないという時には、ネットの中でも良いと思います。知恵袋に回答したり、質問にレスをつけて教えてあげましょう。相手が喜んでいることを感じたらオキシトシンが分泌されて、自分も幸せな気持ちになれます。

ホットドリンクを飲もう

tea-991334_640 紅茶 ティータイム

温かい飲み物は、血流を良くし、冷えて固まった神経の緊張をといてくれる働きがあります。気分転換にもなるため、ちょっと奮発して、いつもは飲まないような贅沢なドリンクを飲んでみてはいかがでしょうか。

また、就寝前であればリラックス効果のあるハーブティーが最適です。不安でなかなか寝付けないという時にはホットミルクが向いています。

睡眠障害の人にも推奨されているため、一度試してみると良いでしょう。

ビタミンやカルシウムを摂取しよう

ビタミンEやB1、カルシウムには、抗ストレス作用があってイライラを静めたり、気持ちの高ぶりを抑えてくれる働きがあります。

ビタミンEが豊富な食べ物はクルミです。ビタミンB1はごまにたっぷり含まれています。クルミならおやつ代わりになるため、常備して、携帯していると良いでしょう。

玉ねぎにも硫化アリルという成分により、精神を落ち着かせる効果があります。生姜焼きや牛丼にたっぷり玉ねぎを入れてごまを振りかけて食べてみてはいかがでしょうか。

PR