湿度は高ければいいのか?湿度が高すぎると心配なこと
161views

湿度は高ければいいのか?湿度が高すぎると心配なこと

風邪やインフルエンザなどの感染症対策として、またお肌の乾燥など美容のために、普段から湿度を気にして過ごしている人もたくさんいらっしゃるでしょう。じつはこの湿度、低いのは気にしているのですが高すぎることはあまり気にされません。じつは、あまり湿度が高すぎると心配なことも出てきます。

湿度を気にしてますか?

あなたのお部屋には湿度計はありますか?
加湿器に表示があるかもしれませんね。
肌や喉に乾燥を感じると、気にして何度か見るかもしれませんね。

では冬に湿度を上げた後や、そもそも湿度が高い梅雨時に、どれくらい湿度計を気にしていますか?
じつは、湿度が高い時には意外と鈍感になっている自分に気がつくと思います。

しかも湿度が低いという情報はよく耳にするのに、高すぎるとどうなるのかという情報はあまり入ってきません。
湿度が高すぎるとどんな弊害があるのか紹介しますのでどうぞ参考にしてみてください。

水辺の花

適度な湿度とは何か?

乾燥は、肌を老化させる原因になります。
また、インフルエンザなどのウイルスを活発にしてしまったりと良いことがありません。

そもそも適度な湿度とはどれくらいなのでしょうか?
よく耳にするのは、50~60%です。

ただし、インフルエンザなどのシーズンでなければ、40%台でもよいでしょう。

これらを目安に加湿または、除湿していくわけです。
湿度計を確認する習慣はとても大切ですね。

湿度が高すぎると起こる怖いこと

この快適に過ごせる湿度を高く超えると、じめじめした感じがします。

そしてじめじめすると不快に感じるだけでなく、結露によってサッシや窓にカビが生えやすくなります。
また、クローゼットや押し入れの中のカビやダニの発生も心配です。
観葉植物など室内に置いてある緑もカビが生えることがあると言われています。

梅雨時などには除湿も必要です。
エアコンの除湿機能を使うなど夏場でも湿度計を確認する習慣を続けましょう。

布団の湿度気にしていますか?

布団の湿度気にしていますか?

湿度は体のプチ不調にも関係しているかもしれません。
なんとなく寝苦しくてよく眠れない、そのせいで体調が優れないときには湿度のせいかもしれません。
布団の中の湿度を意識したことはないと思います。

これが意外と盲点で、季節毎で布団の中の湿度には大きな変化があるものです。
夏などに布団の中の湿度が高いと体温調節が上手くいかず、寝返りが多くなったりして眠りの質に影響が出てきます。

お部屋の湿気だけでなく、布団の湿気も忘れずに対策をとりましょう。
具体的には、布団の下に新聞紙を敷いて湿気を吸わせたり、折り畳むときにすき間をつくって風通しを良くしたり、汗が乾きやすい放出性のある寝具を選ぶと良いでしょう。

加湿器いろいろ

加湿器いろいろ

それにしても加湿器にもいろんな種類がありますよね。
それぞれメリット・デメリットに違いがあることも少しずつ知られるようになりました。

ひとくくりに加湿器と言っても、スチーム式、超音波式、気化式からハイブリッド式までそれぞれ特徴があります。

ご家庭に多いのは、やかんの蒸気と同じ原理のスチーム式でしょうか?

吹き出し口が熱くなるので小さいお子さんのいるご家庭は気をつけましょう。吹き出し口が熱くならない超音波式もデザイン豊富に発売されています。蒸気に雑菌が混ざりやすいので清掃が大切です。

他にも風を利用して気化させるヒーターレスファン式や、温風と送風を切り替える加熱気化式のハイブリットタイプもあります。

ひとり加湿対策

マスクをする女性

もし、ひとり乾燥対策をしたいということであれば、マスクを活用するのもいいかもしれません。

ただし、マスクは肌との摩擦がどうしても避けられません。
肌の摩擦はシミやシワの原因になります。
接触部分にクリームをたくさん塗るなど対策をするとよいでしょう。

寝る時に加湿器を付けっぱなしというご家庭も多いかもしれません。
しかし気密性の高いマンションなどの場合には、すぐに高湿度になりがち。

そんな時はひとり加湿、やはりマスクが役立ちます。
だたし、素材が肌に優しいマスクや、たっぷりのクリームで保護しましょう。

細やかに湿度を管理してみんなが快適に過ごせるといいですね!

PR