日焼け止めの表示の意味を理解して日焼け止めを使い分けしましょう!
45views

日焼け止めの表示の意味を理解して日焼け止めを使い分けしましょう!

日焼け止めの表示の意味を理解せずに、なんとなく効果がありそうだからと、購入されている方も多いのではないでしょうか。いつも同じ日焼け止めを使うのではなく、目的に合わせて使うとよいでしょう。近所へ出かけるぐらいであれば、SPFの低いものを、長時間の外出の場合は、SPFが高いものを選びましょう。

日焼け止めの表示の意味を正しく理解していますか?

日焼け止めの表示を気にせずに購入していませんか?

日焼け止めの表示も確認せずに、パッケージのデザインで選んでいませんか?

日差しが強くなってきたら、シミやシワなどが出来ないように、日焼け止めを購入される方も多いのではないでしょうか?

色々な種類があるので迷ってしまうこともあるでしょう。
中には日焼け止めの表示も確認せずに、パッケージのデザインで選んでいる方もいるかもしれません。
そこで、日焼け止めの表示の意味をしっかり理解して、肌や目的に合う日焼け止めを選んでみませんか?

紫外線には三種類あります

紫外線には三種類あります

紫外線には、紫外線A波と紫外線B波、紫外線C波があります。
この紫外線は長時間肌に当たることによってシミやシワを作り出す原因となります。
何も肌に日焼け止め対策をせずにいると、紫外線の影響を肌は直接受けてしまうことになります。

できるだけ紫外線の害から肌を守ろう

紫外線A波について

UVAと呼ばれる紫外線です。
肌の奥まで届くため、DNAやコラーゲン、エラスチンなども破壊してしまいます。
そのため、肌にシワやたるみができやすくなってしまいます。
大変強い紫外線であるため、室内にいるときも遮光カーテンで防いでおく必要があります。
無防備でいると知らず知らずに肌老化が始まっている可能性もあります。

紫外線B波について

色素沈着が起こり、シミやそばかすが出来やすくなるのが紫外線B波

UVBと呼ばれる紫外線です。
肌表面に当たり、メラニン色素を作りだしてしまいます。
そのため、色素沈着が起こり、シミやそばかすが出来やすくなります。

紫外線C波について

UVCと呼ばれる紫外線です。
大変強い有害な紫外線で、長時間当たると皮膚がんになる可能性もある紫外線です。
農業や漁業など長時間、外で仕事をされている方は気をつける必要があります。

SPFって一体何?

数値が高ければよいというわけではありません

SPFとは、紫外線B波の防止効果はどのくらいあるかを現わしたものです。
数値が大きくなるほど効果も高まります。

紫外線が肌に当たってから炎症を起こす時間まで、だいたい15分程度なのですが、日焼け止めを塗ることによって、この時間を延長させることができます。

例えば日焼けまで10分かかる方であれば、SPF30の日焼け止めを使用した場合、300分まで延長することができます。ただし、この時間は目安であるため、正確なものではありません。

日焼け止めは汗をかいたりすると流れ落ちてしまうため、その場合は効果も薄れてしまいます。
汗をかきやすい夏場は、せっかく塗った日焼け止めが汗で流れ落ち、効果が薄れてしまう可能性も高まりますので注意しましょう。

日常の外出なら

日焼け止めの表示に書かれているSPFの数値選びはどうしたらよいのか迷うこともあるでしょう。
近所に出かける、通勤や通学程度の短時間の外出であれば、SPFの数値は35ぐらいのものを選ぶとよいでしょう。
朝出かける前に塗ったら、仕事が終わった頃には、効果が薄れてきているため、帰りも日焼け止めを塗り直す必要があります。

レジャーやドライブなど長時間の外出なら

2b34b16995450d2701171c1d80e09460_s 日焼け止め SPF sunscreen 夏 紫外線
長時間の外出の場合は、SPFの数値も高いもの、50以上のものを選ぶとよいでしょう。一度塗れば安心ではなく、時間が経つと日焼け止めの効果も薄れてしまうので、外出先でもこまめに日焼け止めを塗り直す必要があります。

PAって一体何?

紫外線A波の防御効果の意味です。
プラスで表示されており、プラスが4つついていると防御力が最も高く、プラスが一つだと効果はありますが、防御力が低いという意味になります。

敏感肌の方は専用のものを!

日焼け止めは効果が高くなるほど、肌に負担がかかります。
敏感肌の方は、SPFが30から35程度の日常使いできるもの、敏感肌専用の日焼け止めを使うと、肌に刺激などのトラブルもなく、安心して使用することができます。

低齢期の子供の場合は、ベビーや幼児専用のものを使用するとよいでしょう。

PR