日焼け止めの成分チェックしてる?紫外線吸収剤に注意!
119views

日焼け止めの成分チェックしてる?紫外線吸収剤に注意!

紫外線を浴びると、しみやしわの原因となったり皮膚が乾燥しやすくなったりするため、日焼け止めで対策をしているという方が多いのではないでしょうか?ただ、注意しなければいけないのは、日焼け止めの成分です。肌に有害な紫外線をカットしてくれる日焼け止めですが、中には肌に良くない日焼け止めの成分もあります。

日焼け止めは何から作られているの?

紫外線対策のために、お化粧時に塗っている日焼け止め。使うことが当たり前になっている方も多いのではないでしょうか?なくなったら、新しいものを何気なく購入しているという方もいらっしゃるでしょう。

日焼け止めを購入する時は、日焼け止めの成分に注意する必要があります。肌によくないものが含まれているかもしれません。日焼け止めは一体何から作られているのでしょうか?日焼け止めの成分を詳しくご紹介しましょう。

大きく2つに分けられる日焼け止めの成分

日焼け止めは何から作られているの?

日焼け止めの主な成分は、2つの種類に分けられます。紫外線吸収剤は、紫外線を一度吸収して放出する成分のことです。紫外線散乱剤は、紫外線を反射させる成分のことです。

ほとんどこれらの2つの成分で、日焼け止めは成り立っています。「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」は、複数の種類があるため、それぞれを詳しく説明しましょう。

肌を守る「紫外線散乱剤」

肌を守る「紫外線散乱剤」

紫外線散乱剤は、二酸化チタンと酸化亜鉛の成分があり、これらの粒子が光を反射することを利用して、紫外線を肌に吸収されにくくする作用があります。それぞれの成分はどのようなものからできているのでしょうか?

【二酸化チタン】

二酸化チタンの粒子が大きいものは、紫外線のα波、β波の両方を反射しやすいです。粒子が小さくなると、日焼け止めを塗っても白くなりにくいという特徴がありますが、紫外線から肌を守る効果が薄れてしまいます。

【酸化亜鉛】

二酸化チタンでカバーできない、紫外線のα波を防いでくれます。二酸化チタンよりも白くなりにくい点がメリットです。ただ、酸化亜鉛が多くなると、お肌の乾燥の原因となってしまいます。

肌の負担が大きい「紫外線吸収剤」

肌の負担が大きい「紫外線吸収剤」

【ケイ皮酸誘導体】

ケイ皮酸誘導体は紫外線のβ波を吸収する成分で、ちょっと癖のある臭いがします。日本の日焼け止めに多く使われている成分です。

【ジベンゾイルメタン誘導体】

ジベンゾイルメタン誘導体は、紫外線のα波を吸収する作用のある成分です。肌に負担をかけるものなので、配合制限が設けられています。

【パラアミノ安息香酸誘導体】

パラアミノ安息香酸誘導体は、紫外線のβ波を吸収します。しわの予防に効果があると言われていますが、高濃度で使った場合に、皮膚がんになる可能性を高めてしまう成分です。また、吐き気や不快感などを感じる方もいらっしゃいます。

【オキシベンゾン-3】

幅広い領域の紫外線を吸収してくれる効果があるのですが、発がん性の可能性があったり、アレルギーが出る恐れがあるため注意が必要です。また、長期間使うことによって、肌が老化してしまうこともあります。

肌を保護する様々な成分も

肌を保護する様々な成分も

日焼け止めの成分は、ご紹介した紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の大きく2つに分けられますが、保湿成分や美白成分などが配合されているものもあります。このような成分は、肌の美容に対してプラスになるメリットがあります。

また、低刺激の日焼け止めもあり、肌が弱い方向けのものとなっています。無香料・無着色の日焼け止めもあるので、自分の肌に合う日焼け止めを探してみてはいかがでしょうか?

PR