夏とダメージが変わらない春の紫外線の特徴とは?
36views

夏とダメージが変わらない春の紫外線の特徴とは?

春の紫外線の特徴は夏と同じぐらいの紫外線が出ているということです。特にUVBはすぐにシミになるので注意しましょう。UVBは1割程度しか地球上に届きませんが当たると皮膚がんやシミの原因になるので、気をつけましょう。春も油断せずにきちんと紫外線対策をすることが肝心です。日焼け止め対策は万全にしましょう。

春の紫外線の特徴とは?

春から紫外線量が増えてきます

春から紫外線量が増えてきます

春の紫外線の特徴は真夏と同じぐらい

UVBとはどんな紫外線なの?

紫外線には二種類の紫外線があります。

一つ目はUVAと呼ばれる紫外線で、肌の奥まで届く紫外線です。
二つ目は、UVBと呼ばれる紫外線です。春も夏と同じ量のUVAが地上に降り注いでいるため、日焼けには注意しましょう。

UVBとは、肌を赤くする紫外線のことです。
長時間外に出ていると、肌が赤くなったり、水膨れが出来やすくなります。
こうした日焼けはUVBでもある紫外線B波の影響を受けているからです。
UVBはエネルギーが強いため、皮膚の細胞組織を破壊してしまいます。
そのため、シミや皮膚がんができる原因ともなるのです。
このUVBの紫外線は、地上に到達する量はおよそ1割程度です。

春も日傘をさしたり、顔には日焼け止めを塗るなどして、太陽光が直接肌に当たらないように予防することで防ぐことができます。

春は夏に比べると、紫外線に対する意識もきわめて弱い時でもあります。
そのため、無防備になっているため、紫外線UVBの害を受けやすくなっているので、気をつける必要があります。

4月や5月は行楽のシーズンなので注意!

4月や5月は紫外線の量も真夏と同じぐらいになります

4月や5月は紫外線の量も真夏と同じぐらいになります。
特に5月は一年で最も紫外線の量が多くなる時期でもあります。

UVAは夏と変わらない程度なので、日焼け対策をしっかり行っておく必要があります。
春は行楽のシーズンでもあるため、家族でおでかけをする機会も多くなるのではないでしょうか。

おだやかで過ごしやすい陽気であるため、ついつい紫外線に対して油断しがちですが、真夏と同じ程度の紫外線が降り注いでいるので、夏と同様に日焼け対策をしておきましょう。

シミが出来て一番困る顔はUV化粧品を活用!

シミが出来て一番困る顔はUV化粧品を活用

女性にとって紫外線があたって一番困るのは、ズバリそれは顔ではないでしょうか。
顔に日焼け止めだけを塗るのももちろんよいのですが、やはりUV効果のあるファンデーションを付けておくと、日焼け対策効果を高めていくことができます。

ファンデーションを塗り重ねるだけでも日焼け効果をさらに高めていくことができるので、化粧品もUV効果のあるものを選び、できるだけシミを作らないようにしておきましょう。

髪もしっかりガードしましょう

髪や頭皮は、顔や身体の皮膚とは違うため、なかなか日焼け対策ができない場所でもあります。そこで、帽子を被ったり、日傘を差すなどして頭も日焼け対策をしっかり行っておきましょう。

日常もしっかりガードしましょう

春の紫外線はつい油断しがち

のどかな陽気もあって春の紫外線はつい油断しがちです。
寒かった冬が終わって、気持ちも穏やかな気分になりますが、紫外線の量は冬よりも強くなってきているため、家にいるときも注意する必要があります。

これまで気温も低く、外気が乾燥していた分、肌も乾燥気味で角質が薄い状態であるため、春は紫外線のダメージも強く出やすい時期でもあります。
ベランダで洗濯物を干すときも、顔にはしっかり日焼け止めを塗り、帽子も被って干すとよいかもしれません。

色白な方ほど、紫外線に弱いため、シミが出来やすい肌質なので、色白の方はさらにガードを強めていきましょう。

PR