お勧めの食べ物は○○○ヨーグルト!腸内細菌を増やす食べ物とは
117views

お勧めの食べ物は○○○ヨーグルト!腸内細菌を増やす食べ物とは

人間の腸にはなんと1.5kgもの腸内細菌が住んでいます。腸内細菌を増やすと美容や健康に良いといわれていますが、増やしたいのは善玉菌です。腸内細菌の知られざる働きと、腸活によい栄養素やそれが多く含まれる食べ物をご紹介します。

えっ!?腸内細菌はこんなにいるの?

腸は最も多くの細菌が生息する場所です

人間はさまざまな常在菌の宿主でもあります。特に腸は最も多くの細菌が生息する場所です。
腸内細菌は100種100兆個いるといわれています。全ての腸内細菌をあわせた重量は1.5kgにもなり、うんちの半分は腸内細菌の死骸です。

腸内細菌を増やすと

よく、腸内細菌を増やすと健康や美容に良いといわれています。この場合の腸内細菌とは、おおよそ善玉菌のことです。

善玉菌と悪玉菌の違い

善玉菌と悪玉菌の違いは?

腸内細菌の善玉菌、悪玉菌は何が違うのでしょうか。人間から見て良い働きをする菌を善玉菌、悪い働きをする菌を悪玉菌と呼んでいるに過ぎません。
善玉菌は腸内でビタミンやミネラルを合成したり、吸収を助けます。また、悪玉菌の増殖を抑えて感染症を防いだり、がんなどの病気を予防します。免疫力を強化したり、アレルギーを予防する働きもあります。
一方の悪玉菌は、腸内の食べ物を腐敗させることが主な働きです。腐ったものは臭いや病気の原因になることもあります。
それから、善玉菌でも悪玉菌でもない菌もいます。このどちらでもない菌が腸内細菌の大半を占めます。

善玉菌が増えるとどうなるの?

腸内細菌のバランスが善玉菌に傾くと、まず、うんちの固さが適切になり、腸の蠕動運動を助け、お通じがよくなります。また、うんちやおならが臭くなくなります。
善玉菌の割合が高くなるとポリープや大腸がんのリスクが減ります。
また、代謝が良くなり、肥満になりにくくなりますし、肌も荒れにくくなります。

腸内細菌のバランスを整える方法

腸内細菌を増やす腸活の重要性が叫ばれていますが、善玉菌を増やす方法はいくつかあります。生活に取り入れやすい方法ばかりですので是非、試してみてください。

ズバリ、善玉菌を経口摂取する

ズバリ、善玉菌を経口摂取する

代表的な善玉菌はビフィズス菌などの乳酸菌です。シンプルな善玉菌の増やし方として、そのものずばり、ビフィズス菌を口から入れてしまうというものがあります。
トクホなどの腸まで届くタイプの生きたビフィズス菌が良いのですが、死んだビフィズス菌でも腸内善玉菌の数を増やす働きがあるといわれています。
菌の株にはいろいろありますが、あなたに合った菌を数種類ピックアップして、継続的に摂るのが良いといわれています。

オリゴ糖を摂る

オリゴ糖は善玉菌の餌で、母乳に多く含まれています。オリゴ糖は摂りすぎもよくないので、1日に5g程度の摂取をお勧めします。サプリメントでもいいのですが、摂りすぎる危険性が高くなります。
バナナや根菜などでなるべく自然に摂取し、足りない分だけサプリメントで補いましょう。

食物繊維を摂る

食物繊維には善玉菌を増やす働きと悪玉菌を減らす働きがあります。
食物繊維には果物等に多く含まれる水溶性の食物繊維と、根菜類等に多く含まれる不水溶性の食物繊維がありますが、バランスよく摂ることが重要です。

腸活にはバナナとヨーグルトがお勧め

腸活にはバナナとヨーグルトがお勧め

乳酸菌、オリゴ糖、食物繊維をいろいろな食品からバランスよく摂ることが一番ですが、あえてこれというなら、バナナとヨーグルトがお勧めです。
バナナはオリゴ糖と水溶性の食物繊維、不水溶性の食物繊維を含み、昔から便秘に良いといわれていました。
ヨーグルトには乳酸菌とオリゴ糖が含まれています。
腸内細菌が気になるあなた、明日の朝食はバナナヨーグルトなんていかがでしょうか。

PR