これで安心!?秋バテ予防に効果的な6つのコト!
27views

これで安心!?秋バテ予防に効果的な6つのコト!

秋バテ予防に効果的な6つのことがあります。秋バテを防ぐ為には秋に旬を迎える食材をたくさん食べることも効果的です。ただし、就寝前に食べ過ぎると睡眠の質を低下することになるので夕食は少なめに食べることが大切です。また、心の秋バテに有効な方法として涙を流す「涙活」などもおすすめです。

秋バテ予防に効果的な6つのこと

夏のうだるような暑さでバテてしまうのはよく聞く話ですが、最近では夏と同じくらい秋にバテてしまう人が多いようです。

秋にバテてしまうのは気候の変化で自律神経が乱れてしまって、体が不調を抱えてしまうことが原因です。このような秋バテを予防するための方法として6つのことを紹介します。

【1】睡眠はたっぷりと

睡眠はたっぷりと

「秋の夜長」という言葉があるように、夏が終わると日が暮れる時間と朝日が昇る時間が遅くなります。そのため、夜の時間が長くなります。この夜の時間に読書や映画鑑賞などを行うのも、とても秋らしい過ごし方です。

しかし、秋バテを予防するためには、まずは睡眠をしっかりととることが大切です。

秋は一日中の気温変化や、数日内での気温変化がとても大きい時期です。このような気温の上り下がりは意識していないところで体に大きな負担をかけています。そのため、秋の体を労るために普段よりも長めに睡眠時間を確保するようにしましょう。

理想は夏よりも睡眠時間を2時間ほど長くするが理想ですが、難しい場合でも1時間程度は長くなるように日中の過ごし方を工夫してみましょう。

【2】夕食は軽めに、よく噛んで

よく眠るためには就寝前の食事も重要です。

食後は眠くなる時間帯ですが、たくさん食べてしまうと胃腸は消化のために体を休ませることができず、しっかり寝ても翌日に体がだるくなることがあります。

このため、就寝前の食事は寝る4時間前には済ませておくか、消化によいものを少量食べるようにします。これによって睡眠の質を向上させるだけでなく、朝お腹が空いて目覚めることで寝起きの交感神経を刺激してくれます。

また、食事をよく噛んで唾液をしっかりと出しながら食べることで成長ホルモンの分泌がよくなることがわかっています。睡眠中にたくさんの成長ホルモンが分泌されることで筋肉や神経など体の各部の疲労回復にもなりますし、骨や歯の成長を促すことも期待できます。

【3】入浴で汗をかく

入浴で汗をかく

夏に比べて秋は過ごしやすい季節ですが、温度が低くなることで汗をかきにくくなります。

汗をかかないことは匂いなどの心配がないので一見良さそうに思えますが、実は汗をかかないと自律神経は乱れやすくなります。自律神経は心拍や発汗などで体を一定の状態に保とうとしますが、交感神経が優位なときに汗をかかないと、交感神経は副交感神経とのバランスを見失いがちになるのです。

そのため、入浴などで体を温めながら汗をかくことで自律神経を刺激することが重要です。

【4】運動は軽めに

秋はスポーツの秋とも言われます。気温が低いので運動をしても、暑すぎず、適度な体温を保って長く運動できる季節です。

しかし、秋の体は夏に紫外線刺激をうけた皮膚だけでなく消化器などが疲れた状態にあります。そのようなときに激しい運動を行うと体は筋肉の修復と皮膚の再生、消化器の疲労回復などたくさんの仕事ができていしまいます。

このため、秋の激しい運動は反って体に負担をかけることがあるので、秋の運動は適度に行うことを心がけましょう。

【5】食事は旬の野菜や果物を中心に

食事は旬の野菜や果物を中心に

秋は多くの食べ物が旬を迎えます。旬の食べ物にはその時期を過ごすために必要な成分が豊富に入っています。

そのため、旬なものを食事に多く取り入れるようにしましょう。秋に旬なのは野菜やきのこ、また果物もあります。とくに秋の果物であるリンゴやカキは赤くなると医者が青くなると言われるほど健康効果が高いものです。

ただし、生野菜や果物は出来るだけ食前に食べるようにしましょう。食事の前に食べることで食後の血糖値の上昇を穏やかにしたり、ビタミンやミネラルを効率よく吸収できるからです。

【6】たまには涙を流してみる

秋バテの予防には体だけでなく、心へのアプローチも有効です。例えば、悲しい映画などで涙を流すと、抗ストレスホルモンが分泌されて憂鬱なな気持ちを吹き飛ばし、新たなことに挑戦しようという意欲が沸きやすくなります。泣くことの他、声を出して笑うことも効果的です。

PR