昼寝の効用には驚くべきメリットがあるのです
193views

昼寝の効用には驚くべきメリットがあるのです

昼寝をするのは子供だけとは限りません。大人でも仕事の合間や昼休みにたった15分から20分の仮眠でも頭をスッキリさせたり寝不足を解消したりなど、昼寝の効用には想像以上のメリットがあります。寝すぎると逆にだるくなるので注意してください。

昼寝がもたらす効用について

昼寝がもたらす効用昼寝というとなんとなく怠けているイメージを持つ人も多いのですが、昼寝の効用は、睡眠の質を高めたり、脳をリフレッシュさせたりというメリットも多いのです。例えば寝不足が続いた時や不眠症の人は、睡眠時間が充分取れないため昼間に眠気に襲われる事があります。特にお昼ご飯を食べてお腹がいっぱいになると、眠気と戦うのに苦労します。こういう時は思い切って昼寝をしてみましょう。欧米では午後の作業効率を上げるために国が昼寝を推奨し、国民全員が昼寝をする習慣もあります。これも昼寝の効用を理解しているからなのでしょう。

昼寝をすると怠けているように思われる事もありますが、昼寝は脳をリフレッシュさせる効果もあります。

昼寝というとベッドや布団に横になってするイメージがありますが、昼寝の効用を実感するためには、ベッドも布団も不要です。むしろ心地よすぎる環境での昼寝は寝過ぎてしまいかえって逆効果になります。時間も1時間以上眠るのではなく、15分から20分という短時間が理想です。睡眠モードに入る前のウトウトした時間が一番昼寝に向いているのです。

平日の昼寝におすすめの方法

座ったままでも快適な環境を確保できれば昼寝ができます仕事や学校があると昼休みがあっても昼寝は難しいと考えてしまいます。でも寝る場所がデスクや机でいいとしたら、仕事や学校があっても昼寝の効用を実感できます。ただし無理な体勢で昼寝をすると体が痛くなる事があるため、椅子に座ったままでも可能な限り快適な環境を作りましょう。机に突っ伏してもいいですし、椅子の背もたれを利用しながらネックピローで首を支えるのもオススメです。明るさが気になる時はアイマスクもあると便利です。周囲の音が気になると眠れないという場合は耳栓も使えますが、アラームや目覚ましが聞こえない可能性もあります。こういう場合は携帯のバイブレータ機能が便利です。

仕事や学校がある場合は昼寝ができないと思われていますが、昼寝はどこでもできます。

座ったままでも快適な環境を確保できれば昼寝ができます。時間は15分から20分以内にしますので、目覚ましやアラームをセットしておきましょう。時間が短すぎると感じるかもしれませんが、寝すぎると体が睡眠モードに入ってしまうためだるくなり、午後に支障が出ます。短時間でも想像以上に熟睡できますので、目覚めた時は頭もスッキリしているのを実感できるはずです。

昼寝の前後はこうしよう!

昼寝をする前にカフェインを摂取しておく事をおすすめします昼寝の効用を高めるために、昼寝の前後にやっておきたい事。
昼寝をする前にカフェインを摂取しておく事をおすすめします。カフェインを摂取すると眠れなくなると言われますが、カフェインが作用するのは摂取してから20分ほどかかります。昼寝の前にカフェインを摂取すれば、ちょうど作用する時間に目が覚めるので頭がスッキリしますし、目覚めも良くなります。寝る前に飲み物を飲む事で脱水症状を回避する事もできます。

天気が良い日は昼寝から目覚めたら窓に向かい太陽の光を浴びましょう。こうする事で脳が切り替わり午後の作業も効率がアップします。短時間の昼寝は集中力や記憶力を高める効果も確認されていますので、仕事や学校でのメリットも増えます。例え短時間でも熟睡できれば、睡眠不足解消にも役立ちますし、眠りの質を高め疲労回復効果なども期待できます。

PR