憂鬱な腰痛に悩まないために腰痛を予防する運動を覚えよう!
115views

憂鬱な腰痛に悩まないために腰痛を予防する運動を覚えよう!

腰は体の中心となる部分という事もあり、腰痛を起こすと何をするにも痛みが走るため日常生活にも支障が出てきます。腰痛を予防する運動を覚えておけば、憂鬱な腰痛を起こさずに済むかもしれません。簡単な腰痛を予防する運動を覚えておきましょう。

腰痛予防には腹筋と背筋をバランスよく鍛えよう!

腰痛を予防する運動を腰痛の原因は人により違いもありますが、普段からあまり運動をしていない人は腹筋や背筋も衰えています。腰は体の中心になる部分ですから、何気ない日常の動作でも腰を使います。腰痛を起こすと何をするにも痛みが走るので、ますます体を動かさないようにするため体は硬くなり衰えも進みます。腹筋と背筋を適度に鍛える事で、腰にかかる負担を分散できるのを知っていましたか?腰痛持ちの人はできるだけ体を動かさないようにと守りの姿勢に入りやすいのですが、少しずつ腹筋と背筋を鍛えて腰の負担を軽減させるのも良い方法です。腰痛を予防する運動は、適度に腹筋と背筋をバランス良く鍛える事ができます。

腰痛を予防する運動をする前に、既に腰に痛みがある場合は無理をせず痛みが引いてから運動をしましょう。普段の姿勢が悪い人は自分でも気づかない間に腰に負担をかけています。最初は正しい姿勢を体に覚えさせる事から始めてみましょう。自分だけで正しい姿勢を維持する自信がない人は、椅子や壁を利用する事ができます。あごを引き背中にまっすぐな板や針金が入ったイメージを思い浮かべながら背筋を伸ばします。この時おへそを意識してみましょう。正しい姿勢を維持する時も腹筋と背筋を使いますので、筋力が衰えている人は正しい姿勢を維持するだけでもかなりきついと感じます。無理はせず30秒、1分と正しい姿勢を維持する時間を伸ばしていくだけでも、腰痛を予防する運動になります。

慣れてきたら徐々にステップアップ!

次はウォーキングに挑戦正しい姿勢を維持できるようになれば、歩く時も腰に負担をかけずに歩けるようになります。次はウォーキングに挑戦してみましょう。痛みを感じる場合は無理をせず、痛みのない時に歩きます。プールの中でのウォーキングは浮力が働くので、腰への負担を軽減できます。普通に歩くだけでもいいのですが、この時もおへそを意識して背筋はまっすぐ伸ばしあごを引き正面を見ます。ゆっくりとしたペースでもいいのでリズムを取りながら歩いてみましょう。時間は最初から無理をせず、徐々に伸ばしていけば大丈夫です。

腰痛を予防する運動は激しい運動よりも緩やかである程度続けられる運動がベストです。

ウォーキングは適度に足腰を鍛えられますし、腰痛を予防する運動としても最適です。しかし歩く場合もいきなり歩き出すのではなく、ウォーミングアップとクールダウンも必ず挟みましょう。歩き始める前に軽く体の筋を伸ばす屈伸やストレッチをしておくと、筋を痛めるリスクを回避できます。ウォーキングの途中で疲れを感じたら立ち止まり休んでもOKです。無理をせず自分のペースで目標を決め達成してください。ウォーキング後もストレッチでクールダウンしておきます。

室内でのストレッチも腰痛予防に役立ちます

ストレッチも腰痛を予防する運動になりますストレッチも腰痛を予防する運動になります。お風呂上がりは体も温まり代謝も上がっていますので、ストレッチにはぴったりのタイミングです。仰向けに寝た状態で両膝を抱え膝を胸に引き寄せます。5秒間待ってゆっくりと足を伸ばし、これを3回繰り返しますが、おへそを意識して深く呼吸をすれば腹筋も鍛えられます。次は腹ばいになり膝は床につけたまま、上半身を反らせます。この運動で背筋を鍛えられるので、腹筋と背筋をバランスよく鍛え、腰痛予防に役立ちます。

PR