今日から実践できる虫歯や歯周病から歯を守る手軽な方法
107views

今日から実践できる虫歯や歯周病から歯を守る手軽な方法

虫歯や歯周病は放置しておけば進行し、やがて全身疾患につながる恐れがあります。そうなる前に歯を守る事が全身の健康にもつながるという大切さを知ってください。歯を守る方法は意外と簡単ですから、覚えて毎日の習慣にしましょう。

口の中が健康なら全身の健康維持にも役立ちます!

口の中が健康なら全身の健康維持も健康というのは当たり前のように思ってしまう傾向があるため、健康を害した時にそのありがたさが身にしみます。体の健康は多くの人が気にする傾向があり、定期的な健康診断をしますが、口の中は意外と疎かにされがちです。

最近になって歯周病が全身疾患のリスクを高める事も確認されるようになり、予防歯科が注目されるようになっています。予防歯科は見方を変えれば口の中を守る事です。

cd567be08bf21b436420da60675a562d_s 唇 くちびる リップ 口紅 笑顔

歯が汚いと印象も悪くなりますが、健康にも影響を与えます。

口の中が健康な状態というのは、虫歯もなく歯周病もない状態です。虫歯や歯周病は早い段階で治療をすればそれ以上進行する事はありませんが、放置すれば進行し悪化します。

虫歯や歯周病がある人は、口の中がとても不衛生です。細菌やバクテリアが繁殖していますし、常にそれを飲み込んでいる事を考えたら、自ら病気のリスクを高めている事に気づくでしょう。

歯を守る事は自分自身のためでもあるのです。

歯を磨くタイミングと正しい磨き方について

歯を磨くタイミングと正しい磨き方毎日歯を磨いているのに虫歯や歯周病になる人は、正しく磨けていない可能性があります。磨いたつもりになっている人は意外と多いと言われており、磨き方を変えるだけでも歯を守るのに役立ちます。

もしも正しい磨き方がわからないのなら、歯医者さんに行って教えてもらいましょう。歯医者さんは何かと敬遠されがちですが、虫歯や歯周病の原因を作らなければ痛い思いも怖い思いもしなくて済みます。

歯ブラシの大きさも意外と重要で、大きすぎると細かいところが磨けません。歯医者さんに行けば自分の口に合った歯ブラシの選び方も教えてもらえます。磨くときは鏡を見ながら磨けば、毛先が歯と歯茎の境目にあたっているかを確認できます。

食べる

歯磨きは磨き方と磨くタイミングが重要です。

食べたら歯を磨くのはごく自然な事ですが、何かを食べた時口の中は酸性に傾きます。歯の表面を守るエナメル質は酸に弱いため、食後すぐに歯磨きをするとエナメル質が溶けて歯が弱くなってしまいます。ここから虫歯になる事もあるため、食後は30分~1時間くらい時間を置いてから歯磨きをするのが理想です。

時間がない朝などは、酸性を中和させる効果のある重曹を使いうがいをするのも効果的です。歯磨き粉には研磨剤が入っていますので、たくさんつけてゴシゴシと強くこすると歯が削れてしまいます。重曹を付けて歯を磨く方法もありますが、量が多いと歯を削っってしまうため、うがいのほうが簡単にできます。

歯医者さんでは正しい歯磨きの仕方を教えてもらえますので、正しい歯磨きの仕方を覚え、磨くタイミングを間違えなければ歯を守る事ができます。

歯を守るために口の中も健康診断を!

歯の定期検診は重要体の健康診断はしているのに、口の中はノーマークという人も多いはずです。口の中の健康は全身の健康にも影響しますので、口の中も定期的に健康診断する習慣をつけてください。

歯医者さんに行くと痛い思いや怖い思いをするので行きたくないという人も多いのですが、虫歯や歯周病にならなければ痛い思いもしません。

そのためにも歯の定期検診は重要です。定期検診では歯のクリーニングをしてもらえますので、歯ブラシでは落としきれない汚れもスッキリ落とせるなどメリットも多くなります。

歯を守るためには口の中の健康診断を習慣にしましょう。

PR