効果的な休憩を取れば集中力も効率もUPする!
46views

効果的な休憩を取れば集中力も効率もUPする!

仕事や勉強をする時は集中しますが、人の集中力はそう長く続きません。休憩を挟むのはサボるという目的ではなく、疲労回復や集中力UPにもつながるのです。ダラダラと長く続けるよりもこまめに休憩を挟みましょう。効果的な休憩の取り方を紹介します。

集中力は続いてもせいぜい50分が限界です

何かに集中して作業をしなければいけない時、ある程度までは集中できますが時間の経過とともに集中力は途切れてくるためどうしても気が散ってしまいます。こうなってしまうと無理に集中しようとしてもさらに気が散り、ミスなども増えてしまいます。多少の個人差もありますが人の集中力が続くのは持ってもせいぜい50分が限界だと言われています。学校の授業が50分前後なのも、集中力の持続可能時間と関係しているからです。集中力が途切れてしまったら思い切って休憩を挟みましょう。効果的な休憩の取り方を紹介します。

集中力はそう長く続きません、適度に休憩を挟んだほうが作業効率はUPします。

その場で軽くストレッチや伸びをしてみましょう家で勉強している場合は休憩をする時に席を立って部屋を移動する事もできますが、仕事中となるとなかなかそういうわけにも行きません。他の人が仕事をしているのに1人だけティーブレイクしたりタバコ休憩をしたりというのもサボっているイメージを持たれてしまうかもしれません。こいう場合は一旦作業の手を休めて、その場で軽くストレッチや伸びをしてみましょう。窓から見える遠くの景色を眺めるなど、目線と体勢を変えるだけでも気持ちが切り替わりますので、これも効果的な休憩となります。

カフェインで目を覚まさせよう!

勉強中や仕事中にコーヒーや紅茶を飲むのも効果的な休憩と言えます。コーヒーや紅茶にはカフェインが含まれていますが、カフェインは適度に摂取すれば眠気覚まし効果が頭をスッキリさせてくれますし、緊張をほぐしリラックスさせる効果も期待できます。コーヒーや紅茶にお砂糖を入れてもいいですし、チョコレートなど甘い物を一口食べれば糖分を補給できるので、脳にも栄養を送る事ができます。コーヒーが飲めない人は緑茶でも同じような効果が期待できますが、飲み過ぎるとカフェインの利尿作用でトイレが近くなります。1回の休憩で1杯までにしておきましょう。

コーヒーや紅茶を飲んで一息集中力が途切れたら思い切って休憩をしてみましょう。コーヒーや紅茶を飲んで一息付けばいいクッションとなり、また集中できるようになります。

ティーブレイクする時間が取れるなら、誰かと会話をするのも効果的な休憩になります。集中して作業している時は口も聞かず黙々と進めていきますから、誰かと言葉を交わすのも脳にいい刺激を与えリフレッシュできます。この時の会話は仕事の事よりも何気ない世間話の方がよりリラックスできます。

呼吸を意識して効果的な休憩を取ろう!

呼吸を意識して効果的な休憩を効果的な休憩にもいくつかの方法がありますが、もしも可能なら椅子から立ち上がり背筋を伸ばしながら深呼吸してみましょう。集中している時は無意識に緊張をしていますから交感神経が活発になっています。集中力が途切れた時に深呼吸をすれば、副交感神経が優位になるためリラックスできます。休憩を挟んでも緊張状態から開放されなければ効果的な休憩とは言えません。深呼吸をする時はお腹も使い腹式呼吸をしてみましょう。場所も取りませんし、やり方も簡単です。忙しい時も短時間で気分転換ができます。

集中しなければいけない時は効果的な休憩を取りましょう。ティーブレイクもいいのですが、呼吸法もいい気分転換になります。

PR