たった6つの習慣だけ!幸せホルモンで疲れ知らずになれる!
348views

たった6つの習慣だけ!幸せホルモンで疲れ知らずになれる!

幸せホルモンで疲れ知らずになるとしたら、毎日をもっとハッピーにそして建設的に送ることができるようになります。そのためには幸せホルモンの元になるセロトニンの摂取が不可欠です。セロトニンは運動や食べ物によって簡単に増やすことができます。例えば、ダークチョコレートやゴマはおすすめの食べ物です。

幸せホルモンで疲れ知らずになる!

幸せホルモンが分泌されると疲労が回復され、細胞が活性化すると言われています。日頃から幸せホルモンをたくさん分泌させることは体はもちろん精神的にも健康で健全になることができます。

例えば、嫌なことがあったときややる気がでないときでも幸せホルモンを分泌することで気持ちを切り替えて前向きに対処できたり、やる気が出てくるのです。

このような幸せホルモンの元になるのがメロトニンやセロトニンです。とくにセロトニンに幸福作用が強いとされています。では、このセロトニンにはどのようにして増やすことができるのでしょうか?

【1】適度で単調な運動をする

適度で単調な運動をするセロトニンは体を動かすことで増加します。うつ病には軽い運動や散歩が良いと言いますが、セロトニンが不足してうつ症状がでている人にとって軽い運動は特効薬になります。

また、昼間に野外で行うと効果はますます高くなります。なぜならセロトニンは日光を浴びることでも増えるからです。

ポイントは軽い運動で単調な動きにすることです。複雑な動きだとセロトニンが増えず、脳が疲弊する原因になります。歩くことや泳ぐなど意識せずとも続けて行えるような単調さセロトニンを増やすことを覚えておきましょう。

このことは仕事でも言えます。新しい仕事やいろいろな種類の仕事をあれこれ行うよりも、同じような仕事はまとめて行うようにしましょう。そうすることで作業の効率化だけでなく、作業する人の心身の負担が軽減します。とくにマルチタスクが苦手な人におすすめな方法です。

【2】コーヒーを控える

コーヒーを控えるコーヒーは疲れた脳をリフレッシュさせるのに効果的な飲み物ですが、一方でセロトニンを減少させることがわかっています。

このため、コーヒーを飲むことで自らのセロトニンの分泌が減少し、自分自身で疲労に対処する能力が少なくなる恐れがあります。強い疲労を感じたときにはコーヒーを飲むことを避けましょう。

【3】グレープフルーツを食べる

グレープフルーツを食べる強い疲労にはグレープフルーツがおすすめです。リフレッシュで何か飲みたいときにはコーヒーよりもフレッシュなグレープフルーツジュースを飲むことでセロトニンが増加します。

グレープフルーツの酸味が強いときにはハチミツなどで甘みを足して飲むようにしましょう。もちろん、グレープフルーツはそのまま食べても高い効果が期待できます。朝や夜に食前に食べることで脳疲労が回復し、朝はやる気がでて、夜は心地よい入眠効果が得られるでしょう。

【4】良質な脂質を摂取する

セロトニンの増加には良質な脂質も欠かせません。おすすめはイワシやサバなどの青魚の脂質とゴマの植物性の脂質です。

これらの食品には高い脂質が含まれているためカロリーが高くなりがちですが、これらの脂質は太りにくく、むしろ体の機能を高めて不要な脂質を排泄するためにも有用な脂質です。

この他にもオメガ3脂肪酸やα-リノレン酸(ALA)、エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)などの成分が含まれている油は多めに摂取しましょう。

【5】ダークチョコレートを食べる

ダークチョコレートを食べるカカオ成分の多いダークチョコレートは健康効果があるとして流行し、現在では定番のおやつとして定着しつつあります。

このダークチョコレートも食べるだけでセロトニンが増加することがわかっています。ダークチョコレートには脳疲労を回復させるレスベラトロールという成分が入っているためです。

しかし、チョコレートには体を冷やす作用もあるので食べ過ぎには注意が必要です。

【6】ピーナッツを食べる

ピーナッツを食べるチョコレートの体を冷やす作用を軽減させるものとしてピーナッツがあります。

ピーナッツにもスベラトロールは豊富に含まれているため、ダークチョコレートとピーナッツの組み合わせは体に負担をかけず、健康効果を最大限に得る組み合わせです。質の高いものを選んで食べると良いでしょう。

PR