入浴だけでは不十分?!ヒートショックプロテインを最大限利用するコツ
181views

入浴だけでは不十分?!ヒートショックプロテインを最大限利用するコツ

ヒートショックプロテイン(HSP)はタンパク質にストレスを与えることでタンパク質の修復能力を高めることができるという現象です。このHSPをうまく働かせることで美容やアンチエイジングに役立つことがわかっています。ポイントは与えるストレスを複数用意することです。

ヒートショックプロテインとは

ヒートショックプロテイン(HSP)は別名ストレスプロテインとも呼ばれるストレスによって活性するタンパク質のことです。活性されたタンパク質は細胞の修復を速やかに行うため、美肌やアンチエイジングに効果があると言われています。

その仕組みは意外と単純で「タンパク質がストレスを受けることで強くなる」というものです。

ストレスの種類は圧力や紫外線、精神的な緊張状態などでも良いとされていますが、もっとも効果的と言われているのは熱ストレスだと言われています。熱ストレスはその名の通り、体を熱さにさらすことです。例えば、サウナや入浴などの方法が効果的です

美容に役立つHSPは1種類じゃない!

ヒートショックプロテインが活性化すると、傷が早く治ったり、細胞の修復が早く行われるようになるために美肌になると言われています。

また、顔だけでなく、全身の筋肉の疲労も速やかに回復してくれるため、毎日を健康に活動的に過ごすためにも有効なものです。

最近になって、このヒートショックプロテイン(HSP)は1種類だけではなく数種類あることがわかってきました。そのため、体に与える刺激も数種類あることが望ましいようです。

単調な刺激は効果がだんだん薄れていく

様々な刺激が有効である理由として、体が慣れてしまうと十分なストレスにならないことが挙げられます。

例えば、ヒートショックプロテイン(HSP)を期待して入浴して一時的に効果がでても、同じような刺激を毎日繰り返すことで効果が実感できなくなるのです。

このように効果が徐々に薄れている、あるいは効果が実感できなくなるのは体が刺激になれてしまったからです。このようなことを避けるためにもヒートショックプロテイン(HSP)を活性化させるためには多様なストレスで用いることが大切です。

簡単にHSPを増やす方法

【1】入浴

日常的にもっとも簡単にできることは入浴です
ヒートショックプロテイン(HSP)を増やす方法として、日常的にもっとも簡単にできることは入浴です。

40度から42度のやや熱めのお風呂に10分程度浸かることでHSPは活性化するといわれています。
ただし、高血圧や心臓に負担がかかると苦しくなる場合や持病がある場合には、半身浴にするようにします。半身浴でも十分にHSPの効果は発揮されることがわかっています。

【2】足湯、手浴

足湯、手浴も有効です
ヒートショックプロテイン(HSP)には足湯、手浴も有効です。

この場合には入浴時よりもやや熱め42度から45度程度のお湯で行うことでより高い効果が期待できます。
10分から30分程度続けて体中がじんわり温まり、少し汗ばむくらいになれば成功です。とくに足湯は内臓の冷えにも効果があり、普段から食べ過ぎの人にはとくにオススメです。

【3】加圧トレーニング

加圧トレーニングでも十分にHSPのアンチエイジング効果が期待できる
ヒートショックプロテイン(HSP)を効果的に増やすのは熱ストレスですが、その他にも加圧状態も有効です。

そのため、加圧トレーニングでも十分にHSPのアンチエイジング効果が期待できると言われています。

【4】日光浴を行う

日光を浴びて紫外線ストレスを受けることも有効
日光を浴びて紫外線ストレスを受けることも有効です。

紫外線は過剰に浴びることでシミやシワの原因になりますが、適度に当たることで肌の免疫力を向上させる働きがあるためです。
1日30分程度、紫外線にあたることで十分なストレスになると言われています。ただし昼間の日差しが強いときは過剰はストレスになる可能性があるので、午前中がよいでしょう。

PR