いつまでも若々しくいたい!!血管年齢を若く保つ方法とは!?
144views

いつまでも若々しくいたい!!血管年齢を若く保つ方法とは!?

いくら見た目を若く見えるようにしても体に嘘をつくことはできません。歳を取れば、肌はもちろん、体の中、血管や内臓などもどんどん老化していきます。しかし、できることなら、長く若々しくいたいと思いますよね。体の中ごと若さを保つためには血管年齢に気を配ることが重要です。血管年齢を若く保つ方法をまとめました!

血管年齢を若く保つ方法の前に、血管年齢とは?

血管年齢という言葉は知っていますか?血管年齢という言葉は知っていますか?その名の通り血管の年齢のことを言います。判定の基準としては、血管の弾力性や強度などです。血管は年齢を重ねれば重ねるだけ弱くもろくなっていきます。体の不調や、心臓や脳などに悪い影響を及ぼす重大な病気も血管の老化によって引き起こされることが少なくありません。血管年齢を若く保つことは、できるだけ長く、毎日健康的に安心して過ごすことができるようにするためにとても重要なことなのです。

血管が弱くなるとどうなってしまう・・?

人の健康状態は血管年齢によって決まると言われる人の健康状態は血管年齢によって決まると言われるくらい血管の強さというのはとても大切なものです。血管にとって一番重要視されるのは弾力性です。血管が固くなってしまうと、動脈硬化になりやすくなったり、血管が詰まったり、破れてしまいやすくなったりします。血管の老化は実際の年齢が若くても進んでいることもあるもので、20代の方でも60代の血管年齢、ということもあり得ます。血管が弱っているとその人自体もしょぼくれて見えてしまいます。血管が元気だと見た目も明るく元気でいられるので気持ちよく過ごせます。

血管年齢を若く保つためにはどうしたら良いの?

食事は血管を若々しく保つためにとっても重要!

血管年齢を若く保つために役立つ栄養素が葉酸と呼ばれるものです。この葉酸は、小松菜やホウレンソウ、枝豆などの野菜に含まれている栄養素です。葉酸は動脈硬化を促す働きをもつホモシステインという成分を分解し、血管の効果を防いでくれる働きがあります。葉酸は、妊婦の方にも多めに取ることが勧められている栄養素としても注目を集めています。含まれている野菜の種類が多いので、いろんなレシピで飽きることなく体に取り入れることができますよ!

運動は血管を若返らせます!

なるべく毎日続けられる範囲の運動をしてみて下さい食事の次に大切なのが運動です。年齢を重ねると運動できる機会が減ってしまいますよね。しかし、運動不足は血管の老化を促進するものでしかありません。はじめは軽いウォーキングで家の周りを歩く程度の運動でも良いので毎日の運動量を増やしてみることをお勧めします。運動は継続することで効果が上がるものなので、なるべく毎日続けられる範囲の運動をしてみて下さい。運動をすると、血管がしなやかになる効果が期待できます。一度固くなってしまった方でも血管年齢が下がるそうなので是非運動習慣を身に付けてみて下さい!

ストレスは絶対に溜めてはいけない!

ストレスは溜めこんでも良いことはありませんたかがストレスと思っている方も多いと思いますが、それは違います。ストレスは私たちが想像する以上に体に悪影響をもたらしています。ストレスのせいで、お腹が痛くなったり、頭が痛くなったり、イライラしたり、鬱っぽくなってしまったり、様々な影響が心身に現れます。血管の老化もストレスが原因で進行してしまうということがあります。ストレスは溜めこんでも良いことはありません。上手く発散して体の外に逃がしてあげるコトが必要です。運動をして嫌なことは忘れたり、仲の良い友達に愚痴を言ってすっきりしたり、一人でカラオケにいって騒いだり、なんでもよいので自分なりのストレス発散法を見つけることが大切です。

PR