老化防止やガン予防にもなる!よく噛む健康法の効果・やり方について
99views

老化防止やガン予防にもなる!よく噛む健康法の効果・やり方について

昔から「よく噛んで食べなさい」と言われてきていますよね。最近は、食生活も欧米化してきて、柔らかい食べ物が増えてきました。そのために、咀嚼回数も減ってきているのが事実です。よく噛むことは、それだけでガン予防になったり、老化防止や美容やダイエットにも効果があるのです。よく噛む健康法についてまとめました。

「よく噛む」は良いことだと言われてきたけど・・・

よく噛むことは身体によいと言われますがどんな効果が?

昔から「よく噛むこと」は体に良いことだと言われてきましたが、実際にどういった効果があるのかはご存知でしょうか。そもそも、良く噛むことがものすごく良いということよりも、良く噛むことによって、唾液の分泌が促され、さらにあごの発達、歯が丈夫になるなど、良く噛むことによって得られる効果が高いのです。残念ながら、現代の食事は欧米化に伴って、咀嚼する回数も減ってきているのが事実です。戦前の場合に比べて、咀嚼回数も半分になってしまったというデータもあるほどなのです。

よく噛むことで得られる体にとってのメリットは?

咀嚼で得られる良い効果とは

よく噛むことによって得られるメリットはさまざまあります。

・消化器官に届くまでに口に入った食べ物が砕けていくために、消化器官に対して負担を軽減することができます。

・唾液の分泌を促してくれます。この唾液は、様々なホルモンや酵素の分泌を促してくれるため、老化防止やアンチエイジングを促進してくれるそうです。

・唾液に含まれている成分には、食べ物の毒性を消してくれる効果があると言われており、そのために、食べ物に含まれている発がん性物質も解毒してくれるため、ガンの予防にもなると言われています。さらに、唾液には、口の中の洗浄効果があるために、虫歯予防、口臭予防にもなるそうです。

・顎の発達、歯の健康を維持することができますので、よく噛む健康法があるというのは、納得できることです。

ダイエット効果だってあるんです!

よく咀嚼することはダイエットにも効果がある

よく噛むことは健康になることはもちろん、よく噛むことで、ダイエット効果もあるんです。よく噛むことで、脳に対して「食べ物を沢山食べている」という信号が送られるようになります。そのために、少しの食事の量でも、満足感が得られることができます。また、顎の発達も出来ますから、小顔効果も期待できるのです。多くのダイエット方法で、食べる時間を20分以上かけるようにしましょうなどと言われているのは、そういったところからなのです。

「よく噛む健康法」のフレッチャーイズムとは?

「よく噛む健康法」を調べていくと、フレッチャーという人物が出てきます。彼は、大富豪であり、毎日の贅沢な食事を食べ続けていたことによって、肥満となり、そのために不健康となってしまいました。そこで危機感を感じた彼は、食事療法などで改善を図っていきましたが、まったく効果が得られることができませんでした。そこで、良く噛むことが良いというイギリスの元首相の話を聞くことができ、その「よく噛む」ということを実践したところ、100キロ以上あった体重があっという間に30キロダウンすることが出来て、その後そのやり方が確立したと言われています。この良く噛むことということで、そこまでの贅沢な食事ではなくても、美味しく楽しく食事が出来ることが分かった彼は、その後「フレッチャーイズム」として、世の中の色々な人たちに継承していくのです。

1口30回を目指そう!

1口30回と言われているのは、人間の歯は32本あるから、それぞれの歯がきちんと咀嚼できるのに、32回すりつぶそうという考えから32という回数を30回と言うようになったと言われています。つまり、どんな場合でも、1口30回咀嚼することを心掛けることが「よく噛む健康法」なのです。

PR