嘘をつく病気ってあるの?嘘をつく症状がでる病気の原因と対処法
102views

嘘をつく病気ってあるの?嘘をつく症状がでる病気の原因と対処法

嘘をつく病気?そんな病気があるの?と驚かれる方もいらっしゃることでしょう。嘘も方便と言うように、大人になっても多少の嘘は、必要とされることもあります。ただ、問題になるのは、しょっちゅう嘘をつくことです。嘘をつく病気の原因や対処法などを詳しくご紹介しましょう。

嘘をつく病気の原因と対処法

友人と話をしていて、あれ、昨日と言っていることが違う・・・もしかして嘘をついてる?こんなように思ったことはないでしょうか?もしかすると、その友人は嘘をつく病気に掛かっているのかもしれません。嘘をつく病気の原因や対処法をご紹介しましょう。

嘘をつく病気【演技性人格障害】

eyes-612522_640

嘘をつく病気に演技性人格障害があります。演技性人格障害とはどんな病気なのでしょうか?

【特徴】

演技性人格障害は、芸能人と友達なんだとか、有名な大学を出ているなど、様々な嘘をつきます。多くの嘘をついてしまうことが特徴で、性別別にでてくる特徴もあります。女性の方に多いのが、男性に対しての性的挑発や誘惑の症状です。嘘をつくことに加えて、このような症状が現れます。また、お芝居を見ているかのようなセリフを、日常的に使う方もいらっしゃいます。

【原因】

演技性人格障害になる原因は、他人の注意を自分に惹きつけたいという思いから起こります。演技性人格障害の方は、自分に自信がありません。嘘をつくと、人が注目をしてくれるため自分が中心となることができます。そして、それが他人に認めてもらえたと感じるのです。女性が性的な挑発や誘惑をすることも、人からの注目を集めたいいうことが原因です。

【対処法】

演技性人格障害を治療するためには、患者が本当はどのように思っているのか、真の感情を明確にさせることが大切です。本人が気づくことがない、深層心理をはっきりとさせ、そのような感情があるとうことを自覚してもらうことが大切です。

嘘をつく病気【パーソナリティ障害】

sad-505857_640

嘘をつく病気には、パーソナリティ障害があります。どのような病気なのかパーソナリティ障害を詳しくみていきましょう。

【特徴】

パーソナリティ障害は、個人的に嘘をつく敷居が低くなっています。嘘をついても問題ないと感じていて、嘘をつくことが悪いとは思っていません。自分の利益や都合のために嘘をついている場合は、反社会性パーソナリティ障害の可能性があります。反社会性パーソナリティ障害の発症は人口の1~3%ぐらいです。

【原因】

社会に対するモラルが低下しているため、日常的に嘘をついてしまいます。

【対処法】

自分で気がついて病院へ行くことは少ないため、家族や友人などから指摘されて病院へいくことが多いです。会社や学校などで、対人トラブルを避けるためにも心理療法で治療を行います。

嘘をつく病気【アルツハイマー型認知症】

brain-36243_640 脳

嘘をつく病気の1つに、アルツハイマー型認知症があります。アルツハイマー型認知症とはどんな病気なのかをご紹介しましょう。

【特徴】

アルツハイマー型認知症は、男性よりも女性に多い病気で、増加傾向のある病気です。

【原因】

アルツハイマー型認知症になるのは、脳でアミロイドβやタウなどの特別なタンパク質がたまって、神経細胞が壊れていき減ってしまうので、記憶をつかさどる海馬がやられてしまいます。そのため、記憶があいまいになり、昨日のできことを忘れてしまいます。虚言が出てきていしまうのも、記憶ができなくなるためです。

【対処法】

病院に通って対処をしていきます。周囲の人間は、アルツハイマー型認知症の方を一人にしないことが大切です。

PR