トラブルに発展する可能性があるてんかんの治療!てんかんの症状や原因
122views

トラブルに発展する可能性があるてんかんの治療!てんかんの症状や原因

酷い状況の交通事故では、薬物、飲酒そしててんかんが関係していることがあります。このてんかんと呼ばれる病気はどのような原因か、どのような症状が起こるのか、このてんかんの治療を日本ではどのように行っているのかなどを紹介します。

トラブルに発展することが多い?!てんかんとは?

トラブルに発展することが多い?!てんかんとは?

てんかんの症状は、交通事故の時の原因の1つとしてよくニュースで聞く機会があります。しかし、てんかんと呼ばれるものはどのような症状でありどのような問題が起きるのか、理解している人は少ないです。

このてんかんは、いろんな原因からもたらされますが、慢性的な脳疾患に該当する病気です。

てんかんは、大脳の神経細胞が過剰に反応して反復性の発作を起こす特徴があります。臨床症状や検査所見を行うことで、てんかんの症状はわかります。大脳の神経細胞は、通常は規則正しく活動しています。この活動は正しいリズムで神経細胞はお互い調和を保ちながら電気的な活動を行うのですが、この調和や正しいリズムが突然崩れてしまうことで、てんかんの発作は起こります。

てんかんの発作が怖いのは1回だけの発作ではなく、反復性のある繰り返し起こる発作になります。突然この症状が起きるため、その時の動作や状態により大きなトラブルに発展する可能性があります。

てんかんの症状はどのような発作?対象者は?

てんかんの症状は、繰り返し起こる脳の発作になりますが、てんかんについては、年齢や性別そして人種の区別なく発病してしまう病気になります。そのためてんかんの発作が発症するまでは、誰がてんかんの病気を持っているか、分からない状況になります。

てんかんは脳の神経細胞の異常状態からおこる病気ですが、間代発作、強直発作、欠神発作、ミオクローヌス発作そして部分発作に分類することができます。

brain-1197344_640 脳 異常脳波 てんかんの発作

間代発作と強直発作に関してはその症状が反対になります。間代発作のてんかんでは、手足が突然に一定のリズムで曲げ伸ばしする発作が起こりますが、強直発作は、手足が突然突っ張る状態になり体が硬くなる発作が起こります。この2種類のてんかんは、手足が突然変化する発作ですが、意識がなくなると共に体の症状が現れますが、数分で発作がおさまるものです。

欠神発作については、子供に多い特徴があるてんかんで、5秒から15秒の短い時間だけ意識が消失する発作を起こす病気です。時間が短いため周囲の人に気づかれにくい発作で、動作を一時的に止めるだけで再び元の行動をすることができます。しかし、授業中ボサッとしている行動に見えるため、不真面目な生徒だと誤解される恐れがある病気です。

ミオクローヌス発作は、体全体の筋肉が短時間に痙攣を起こすてんかんになります。脱力するため急に体が崩れて倒れたりする症状になり、この症状が現れると同時に意識を消失する発作になります。

部分てんかんについては、意識障害がある場合と意識障害がない場合に分かれます。痙攣などの発作が最初に体全体に起こらず、徐々に広がっていく発作になります。

このようないろいろな症状があるてんかんは、年齢に関係なく発症してしまう病気であり男女の区別がない病気になります。

てんかんの患者は運転免許の取得が困難

てんかんの患者は運転免許の取得が困難

てんかんの症状がある人は、自動車免許の取得をする時には医師の診断書が必要となります。てんかんの症状はいくつも存在しており、どのような症状があるのかは、そのてんかんにより異なることになります。車の運転をするのに危険なてんかんの症状もあるため、自分自身のてんかんについて理解しておくことが必要です。

てんかんの症状がある人がこの症状を隠して免許を取得した場合には、法律で罰せられることになるので、必ず報告する義務があります。てんかんの症状を理解するためには、発症時に周囲にいる人達から説明してもらうことや、医師から病状について説明を受ける必要があります。自動車の運転免許だけでなく航空機の運転や船舶の運転も、てんかんの患者は禁止されています。

しかし、最近注意したいのが自転車の運転です。自転車の交通事故トラブルは増加傾向にあり、歩行者との交通事故の場合には死亡事故に発展することがあり、大きな社会問題となっています。そのためてんかんの症状がある人は、自転車の運転には注意する必要があります。

現在行われているてんかんの治療

現在行われているてんかんの治療

いろいろな症状があるてんかんについて、現在行われている治療は、脳神経外科で行われ、主に内科的治療になります。抗てんかん薬を服用することで、脳の異常興奮を抑制することができます。神経細胞自体の興奮を直接抑える効果や興奮することが神経細胞の周囲に拡がらないようにする働きがある治療薬です。

この治療薬を過剰摂取すると正常である神経細胞の働きを抑制してしまう問題があります。この結果眠気やだるさにつながることで、車の運転中眠ってしまい交通事故につながることがあります。

現在のてんかんの治療は、てんかんそのものを治す目的ではなく、発作を抑制する治療になります。医師の診断のもとで適切な抗てんかん薬を服用することで、発作を抑える治療を行いますが、長期間服用する必要があるので、数年間治療を続けると共に、治療後も定期的な診断経過を行う必要があります。

PR