寒天ダイエットを成功させるにはどうすればいいの?「寒天」の落とし穴に注意!
931views

寒天ダイエットを成功させるにはどうすればいいの?「寒天」の落とし穴に注意!

食前に「寒天」を食べるだけ、という「寒天ダイエット」。とても魅力的なダイエットなのですが、実際に成功させた人が少ないダイエットでもあるのです。「寒天」の落とし穴に気を付けて、ダイエットを成功させましょう!

寒天ダイエットとは?

簡単で魅力的な、寒天ダイエット

寒天ダイエット

食前に寒天を食べるだけ!

寒天を、食前に食べるだけ・・・というのが、「寒天ダイエット」
満足感を得られつつ、食事量を減らせるダイエット方法です。
とても簡単で、ストレスなく続けられそうな、魅力的なダイエット方法ですよね!

しかし、実際にダイエットを成功させた人が少ないのも、寒天ダイエットなのです・・・。
「思うような効果が得られなかった」、「逆に太った」などという、口コミがあがっています。

どうやれば、成功するのでしょう?
何に気を付ければいいのでしょう?

寒天ダイエットの仕組み、そして、効果的なダイエット方法についてみていきましょう。

寒天ダイエットの仕組み

寒天は、炭水化物の吸収スピードを遅くします。

寒天ダイエットの仕組み

その結果、糖分が脂肪になりにくくなるのです。

寒天は、海藻から作られています。特に多いのが、テングサ(天草)やオゴノリ。これらの海藻の粘液質を凍結・乾燥したものが、寒天です。

寒天は、食物繊維が豊富な事で知られています。なんと、7割以上が食物繊維。
低カロリーで、ダイエットに役立つ食材です。

寒天ダイエットの仕組み①

食前に寒天を食べる事により、満腹感を得る事ができ、食事量を減らすことができます。

寒天ダイエットの仕組み②

食前に寒天を食べる事により、食物繊維が炭水化物の吸収スピードを遅くするので、糖分が脂肪になりにくいです。

寒天ダイエットの仕組み③

食前に寒天を食べる事により、コレステロールの吸収を抑える事ができます。コレステロールの吸収を抑える事で、血液の流れが良くなり、代謝があがるのです。(必要以上のコレステロールは、血液の流れを悪くし、代謝を落とします)

寒天ダイエットの仕組み④

食物繊維が豊富なため、便秘解消に効果的です。

寒天ダイエットでの寒天の摂取方法

寒天は、溶かして摂取するのが基本です。
お湯や、温かい飲み物には、すぐにふやけます。

100mlの野菜ジュースやコーヒー、お茶に対して、1gの寒天を溶かします。

また、寒天をつかって、食事のボリュームアップをはかるのも、ダイエットに効果的です。
味噌汁・スープなどに入れたり、ごはんに混ぜるのもおすすめ。(お米一合あたりに、寒天を1g程度入れてご飯をたきます)

寒天ダイエットの落とし穴

どうして成功する人が少ないのでしょう?

寒天ダイエットの落とし穴

寒天ダイエットには落とし穴があるのです。

こんなに魅力的なダイエットなのに、どうして成功率が低いのでしょうか?

寒天ダイエットの落とし穴①

炭水化物の吸収スピードを遅くしても、必要以上の炭水化物を摂取したら、余った炭水化物は脂肪に変わり、体内に蓄積されます。

寒天ダイエットの落とし穴②

いくらノンカロリーでも、食べ過ぎると逆効果。胃が大きくなってしまします。

寒天ダイエットの落とし穴③

寒天は、7割が食物繊維です。ミネラルも含まれてはいますが、ほとんど栄養がない食材です。寒天ばかりを食べると、栄養が不足し、かえって痩せにくい体をつくります。
脂肪を減らるためには、ビタミン・ミネラル・たんぱく質などが必要です。

寒天ダイエットの落とし穴④

寒天の多量摂取は、便秘をひどくする場合もあります。これは寒天が、腸内水分を吸い取る可能性があるからです。

寒天ダイエット成功へのポイント。~失敗しないために~

バランスのよい食事で、健康にダイエットを成功させましょう!

寒天ダイエットを成功させる方法

リバウントがない、ダイエットをしましょう!

ポイントを押さえ、ダイエットを成功させましょう!

寒天ダイエットの成功ポイント①

食事の栄養バランスに気を付けましょう。
栄養の偏りは、痩せにくい体をつくり、体調への影響もでてきます。

寒天ダイエットの成功ポイント②

適度な量の食事を心がけましょう。
極端に少なくすると、栄養バランスがくずれます。
寒天を食べているからと、食事量を気にせずに食べると、胃が大きくなり、リバウンドの原因になります。

寒天ダイエットの成功ポイント③

食事はよく噛む
かむ回数を増やすと、自然と食べる量が減ります。また、噛むことで消化を助け、胃腸にもやさしいです。

寒天ダイエットの成功ポイント④

適度な運動を心がけましょう。リバウンド防止になります。

PR