英国王妃やテイラー・スウィフトさんなど、美しいセレブたちも実践中!ローフードダイエットの効果の方法と効果とは?
82views

英国王妃やテイラー・スウィフトさんなど、美しいセレブたちも実践中!ローフードダイエットの効果の方法と効果とは?


今超話題!ローフードダイエットの効果とは?

テイラー・スィフトさんやキャサリン妃が実践している事で、特にアメリカで話題の【ローフードダイエット】ですが、どんな効果があるのでしょうか?そして、その方法は?

そもそも「ローフード」とはなんぞや?

ローフードダイエットとは

このダイエット法で重要なのは「ローフード(raw food)」。「ローフード」とは加熱加工していない食物の事です。

現代人は、栄養バランスの悪い食生活を送っているため肥満傾向に傾いている人も多く、それを解消するために不足しているビタミン・ミネラル・酵素などを摂取することで体質改善を目指すという考え方があり、これら食材の栄養は、多くは加熱する事によって壊れてしまうといわれています。(目安として47℃前後)

そのため、食材のもつビタミン、ミネラル、酵素を過熱せず摂り入れる「生食」で摂り入れると言う考え方でこれを「ローフード」と呼びます。

基本、ローフードダイエットは、加熱した普通の食事に比べると、消化する際に体にかかる負担が少なくてすみます。内臓を休ませることで、暴飲暴食などで疲れた内臓機能を取り戻すことができ、結果、「体が軽くなった」「むくみが改善した」「毒素が排出されて肌の調子がよくなった」などいろいろな効果が期待できるようです。

ローフードダイエットの主役「酵素」

このダイエットの主役、酵素が熱に弱いのは前述の通りですが、酵素は代謝を促進させる大切な役割があって、体を維持するために必要なものなのです。また、酵素には、「消化酵素」と「代謝酵素」の2つの種類があります。

・消化酵素・・・消化のための酵素。唾液に含まれる「アミラーゼ」、アミノ酸に分解する「プロテアーゼ」、脂肪酸に分解する「リパーゼ」などが知られています。
・代謝酵素・・・新陳代謝を助けたり、尿や汗から有害物質を除去したり、身体の悪い部分を修復したり(自然治癒力)、免疫力を高めたりする役割を担っています。

ローフードダイエットの主役

人がからだでつくれる酵素を作る能力は、個々の遺伝子によって決まっていて限界があるそう。食べる事で消費される消化酵素がたくさん使われると代謝酵素が減るという関係が成り立っています。
そこで、減ってしまった代謝酵素を食物から摂取するのがこのダイエットの目的です。つまり、代謝酵素が減らなければ効率よく脂肪燃焼できるようになり痩せやすい身体になるということなのです。

身体が良くなる前兆?好転反応とはなんぞや??

ローフードダイエットをはじめることにより身体がよくなる前兆と呼ばれるものに「好転反応」というものがあります。

これは、体質改善を始めることにより体質改善され始めたという合図で、体の不調を感じることがあります。症状はそれぞれですが、好転反応が起こると精神的には逆に「身体に合わないのでは?」不安に思うようになるかもしれません。ですが、この反応は一時的なもので大体2週間から1ヶ月程度で落ち着くので、あせらず踏ん張ってみましょう。

ローフードダイエットの方法…食べていいもの

ローフードダイエットの方法

食べていいものは、生野菜・果物・海藻類・ドライフルーツ・豆腐・納豆・味噌・しょうゆなどの発酵食品・ナッツ類・発芽させた穀物・豆類(発芽玄米・スプラウトなど)。
平日は外食が主だという場合はまずは週末だけでも試してみてもいいかも知れませんね。

PR