たった7日間で激痩せ!リセットダイエットは危険って本当?3つの理由とは。
368views

たった7日間で激痩せ!リセットダイエットは危険って本当?3つの理由とは。

確かに効果はあるけど、リセットダイエットは危険といわれています。リセットダイエットが危険な3つの理由とその結果どうなるか、体重が激減する本当の理由をまとめました。あなたの健康までリセットしてしまうかもしれません。

7日間リセットダイエットで短期集中痩せ

7日間リセットダイエットで短期集中痩せ

7日間リセットダイエットとは、7日間集中してストイックに食事の制限をするダイエット方法です。OK食材とNG食材が決められていて、1週間はNG食材を食べることはできません。また、食べるメニューも決まっています。朝は飲み物とグレープフルーツ半分だけ、昼と夕食は肉か魚と野菜、その他ゆで卵や果物も食べることはできます。
炭水化物の多い食材も脂質の多い食材も摂ってはいけませんし、豆類もNGです。
このダイエット方法はたった1週間で痩せたという成功例も多いのですが、危険ではないかという声も広がっています。

摂取カロリーが少なすぎる

栄養バランス以前にそもそもメニューを見ると摂取カロリーが少なすぎます。女性が一生懸命、たくさん食べようとしてもこのメニューでは1日あたり1,000kcal摂るのも難しいのではないでしょうか。
もちろん、きちんと1週間続ければ痩せるとは思いますが、基礎代謝以下の食事制限はお勧めできません。その後のリバウンドも起こりやすくなりますし、基礎代謝の低下も懸念されます。

炭水化物がない

リセットダイエットが危険なのは炭水化物を取らない

リセットダイエットは危険だと囁かれる大きな原因の一つに炭水化物の極端な制限があげられます。リセットダイエットではご飯やパンだけではなく、イモ類やかぼちゃなどの糖質の高い野菜も制限しています。糖質制限ダイエットは効果の高いダイエットですが、弊害も指摘されています。
脳の栄養である糖分が足りませんのでふらふらしたり、精神的にも良くありません。血糖値もさがるので慣れるまでかなり辛いのですが慣れた頃には終わってしまいます。

脂質もない

リセットダイエットが危険なのは脂質がない

リセットダイエットでは脂質も制限されています。料理に使う油だけではなく、油脂分の多い肉の部位や魚、豆やナッツもNG食材です。脂質制限ダイエットは現在ではあまり流行っていません。確かに脂質の摂りすぎは肥満の原因になります。
しかし、脂質は腹持ちを良くします。また、筋肉の維持にも脂質は必要です。脂溶性ビタミンを体に摂り入れるためにも脂質は欠かせません。
つまり、脂質制限ダイエットをすると、筋肉は落ち、お肌はカサカサ、しじゅうお腹を減らす羽目になります。

リバウンドが怖い

7日間リセットダイエットは糖質も脂質もカットする究極のダイエット方法です。真面目に実施すれば痩せないはずがありません。
健康にはあまり良くなさそうですが、7日間だけなのだから問題はない、という反論もあります。確かに古代人ならば1週間くらい糖質も脂質も摂れない飢餓状態の時期もあったことでしょう。
ただ、そのような飢餓状態の後の人はどうなるでしょうか。飢餓が終わって再び栄養が正常に摂取できるようになったら栄養をたくさん摂りこんで溜めておこうということになるのは想像にかたくありません。
リセットダイエットは危険といわれている理由のひとつに非常にリバウンドしやすいということもあげられます。

減ったのは体脂肪?

でも、7日間で○kgも痩せたのだからいいじゃない、という声もあります。確かに痩せましたが、減ったのは体脂肪だけでしょうか。
糖質制限をすると尿の量が増えます。水分の減少で減った体重も少なくありません。単に水が抜けただけですから、やめれば元通りです。これはリバウンドですらありません。
また、少食と油抜きにより、筋肉や骨量にも影響があります。特に、本来は骨量が増えるべき10代や20代でのダイエットは注意が必要です。この時期の最大骨量の小ささは将来の出産や閉経後の健康にも悪影響を及ぼします。
できれば短期集中型のダイエットは避け、健康的に1ヶ月に1kg痩せる程度のダイエットを選ぶことをお勧めします。

PR