「お粥ダイエット」は成功しやすいダイエット方法か?今度こそ続けるためのポイントとアイデア
78views

「お粥ダイエット」は成功しやすいダイエット方法か?今度こそ続けるためのポイントとアイデア

"お粥は手軽さやコスト面でも優秀な日本のダイエタリーフード。 完全お粥ダイエットからお粥おきかえダイエット、なんちゃっておかゆダイエットまで、自分にあった方法を見つけてさっそく始めてみませんか? お粥の良さ、家庭や学校、オフィスでも続けやすいアイデアも一緒にお伝えします。"

薄着になると、今まで眼をつぶってきたお肉たちが気になります。某スポーツジムのCMが頭から離れなくなって、突然ランニング。プチ断食を決行してみたり。でも年々、無理なダイエットはできない体力になってきています。しかも極端なダイエットは疲れてしまい、心や身体のバランスを崩してしまうなんてことになりかねない。
なにか健康美を目指したいいダイエット方法はないかしら、と思っていたら目についたのが「お粥ダイエット」?

話題のダイエット方法「お粥ダイエット」とは?

話題のお粥ダイエットの詳細

お粥ダイエットの仕方をリサーチしてみると、どうやら大きく3つのパターンがあるようです。
分かりやすいように3つのパターンに名称をつけておきますね。
まずひとつ目は、「完全お粥ダイエット」で食事はお粥のみです。
ふたつ目は、「お粥おきかえダイエット」で主食の白米を3食お粥に置き換えて、あとのおかずはそのまま。
3つ目は、「なんちゃってお粥ダイエット」で3食のうちの1食の白米をお粥に置き換えるだけの方法。
次に、それぞれの方法についてくわしく見ていきましょう。

無理なくライススタイルに取り入れやすい方法で

「完全お粥ダイエット」は雑誌などでよく紹介されていて、おかゆとタンパク質のトッピングをお腹がすいたら一日に何食でも食べていい方法です。
水分をこまめに摂りながら、期間は一定期間と決められているのがポイント。1週間から2週間の間だけすべての食事をお粥に変えるだけ。からだが慣れてしまうので2週間以上は続けないんだそうです。
基本はお粥だけを食べる方法なので短期決戦を望んでいる方、ちょこちょこ食べが可能なライフスタイルの方にはおすすめです。

少しの我慢で気軽に始められる

お粥ダイエットの方法

主食の白米をお粥に変更するだけの「お粥おきかえダイエット」は、無理なく続けられる方法だと思います。
普通のおかずが食べられるので、少しの我慢で楽しく食事もできて長続きしやすいのではないでしょうか。
でもこちらの方法は、一食分の白米だけをお粥にする「なんちゃってお粥ダイエット」と同様、即効性というよりは、長い目で取り組む必要がありますね。

お粥は日本の優秀なダイエタリーフード

お粥の良さは、手軽にカロリーを抑えられる、からだがあたたまる、お通じがよくなる等があげられます。
わたしのような猫舌の方は、熱々のおかゆをゆっくりとフーフーしながら食べるので少しの量でも満腹感が得られやすいかもしれません。

ダイエット成功の秘訣はコスト面の手軽さ

お粥ダイエット成功の秘訣

お粥ダイエットは、自分にあったペースで始めることができることは分かりました。もうひとつこれまでの経験上、大切なダイエット成功の秘訣はお金。
わざわざダイエットのために、お金をかけて購入しないとならないものだと続かなくなってしまいますし、家族の中で自分だけが食べるものというのも避けたいところですよね。
そう、お粥ダイエットは極端に言ってしまえば、お米さえあればできます!

お粥ダイエットを続けるためのひと工夫

お粥ダイエットは、始めるハードルが低いことは分かりましたね。
でも続くかなと心配な方のためにアイデアをいくつか紹介したいと思います。
ずばり、お粥の作り置きです。たくさん作って一食分ずつ冷凍しておくだけで手間も半減するのでが然やる気に!
面倒な時はレトルトを利用してもお安いし、コンビニでも買える手軽さが嬉しいですね。
また、会社や学校などでのお弁当には、流行りの「スープジャー」を活用してみて。保温機能がある口の広いタイプが食べやすくておすすめです。
スープ以外にも活用できるって知っていましたか?米と熱湯を入れてときどき裏返しながら3〜4時間放置するだけで、簡単にお粥のお弁当ができるんです。これなら忙しい朝のお弁当作りからも開放されて一石二鳥。
レシピもホームページでたくさん検索できますよ。バリエーションをつけるのがお粥のいいところなので、飽きずに続けられるといいですね。

ダイエットを楽しむ自分ルールを作っちゃおう

ダイエットを楽しむための自分のルール

これからの食生活、生活習慣を長い目で考えると、「お粥」を上手に取り入れて体重コントロールをしていくのはアリですよね。
特にお粥は女性にとってよさそうなことや、楽しんで続けられるアレンジができるのも魅力。
そういえば、私のまわりのすてきな女性は、週一でご褒美スイーツを食べることを習慣にしている人がいます。そんな風に上手に無理なくお粥ダイエットを楽しむのもいいですね。
そうですね〜、私の場合はまずスープジャーをいろいろ揃えちゃおうかな。形から入るなんて言わないで!

PR