生命の基本である呼吸ダイエット。1日数回の深呼吸で心身の健康とキレイ痩せが両立できる?
119views

生命の基本である呼吸ダイエット。1日数回の深呼吸で心身の健康とキレイ痩せが両立できる?

最近、さまざまな呼吸ダイエットが話題になっています。しかし、呼吸法だけで痩せられるの?と疑問に思う方も少なくありません。確かに呼吸だけで痩せるわけではありませんが、深呼吸には健康的なダイエット効果が本当にあるのです。

呼吸法だけでは痩せられない?

呼吸法だけでは痩せられない理由

「ロングブレスダイエット」や「ドローインダイエット」など、腹式呼吸を用いたダイエット方法が話題になっています。
手間もお金もかからず、芸能人やアナウンサー、一般の方の成功例も多いので一度は挑戦してみたいダイエット方法です。
一方で、「呼吸ダイエットだけでは痩せられない」という声もあります。痩せるためには、摂取カロリーを消費カロリー以下にするしかありません。ロングブレスダイエットでは1日2分のエクササイズ、ドローインダイエットでは1日10分の体操をするだけです。これだけで目に見えるカロリーを消費したり、目覚しく代謝をあげることができるのでしょうか。
実際に呼吸法ダイエットをした人の中には、呼吸法の他に食事の節制や運動もしていたという人もいます。それでは、呼吸ダイエットはインチキなのでしょうか。

呼吸ダイエットの本当の効果は○○だった!

呼吸ダイエットの本当の効果

呼吸ダイエットだけで痩せたという人の多くは、呼吸法をきっかけにして身体と心のバランスが健康的に痩せる方向に向かっていったといいます。深い呼吸によって心身バランスが正常化したのです。
呼吸ダイエットの本当の効果はここにあります。
呼吸は食事や睡眠と並んで人が生きていく以上欠かせません。しかし、現代人は多忙やストレス、生活習慣の乱れによって呼吸が浅く早くなりがちなのです。

呼吸が浅いと太る?

呼吸が浅いと太る理由

呼吸が浅いからといってすぐに肥満に結びつくわけではありません。しかし、浅い呼吸はさまざまな心身の不調をもたらし、結果肥満になることがあります。
そればかりではありません。呼吸が浅いと腹部のインナーマッスルや内臓への刺激が少なくなります。結果ウエストが太くなったり、便秘がちになったりしやすくなるのです。また、筋力の衰えで基礎代謝が落ちることも考えられます。

呼吸が浅いと婦人科系の不調に?

現代人の特に女性は浅い呼吸になりがちです。呼吸が浅いと、効率的な酸素の交換ができません。東洋医学では浅い呼吸は気や血の巡りが悪い重大なサインと捉えています。
呼吸の浅い女性は肩こりや腰痛に悩まされやすく、下半身が冷えやすく、月経周期が乱れたり生理痛や不妊をもたらす可能性があるのです。

呼吸が浅いとうつ病に?

呼吸が浅いと鬱になる

ストレス社会で精神的な疾患や不調が増えています。うつ病や不眠症などの症状を楽にする方法として、呼吸法が見直されています。
深い腹式呼吸は自律神経を整え、ストレスを発散し、心を落ち着ける効果があります。また、精神的な不調がある方は浅い呼吸の人が多いともいわれていて、精神科でも呼吸法を取り入れて症状の改善を期待している病院もあります。

朝の深呼吸と夜の深呼吸で呼吸改革を!

呼吸改善のための生活習慣

呼吸を改善すれば健康やダイエットに結びつくことはわかりました。それでは、どんな呼吸トレーニングをすれば普段の呼吸を改善できるのでしょうか。
お勧めは、朝起きたときと夜寝る前、後は気がついたときの深呼吸です。朝の深呼吸は寝起きをよくし、1日の活動状態を上げる効果があります。ダイエットにはぴったりです。夜の深呼吸は安眠につながり、副交感神経の働きを高めます。ストレスがたまりそうだと感じるときに文字通り一息つくのもおすすめです。特に、ストレスで間食をしてしまう人は食べたいときの一呼吸だけで劇的に痩せる可能性があります。
深呼吸のやり方としては、まず、肩を動かして呼吸をしないことを意識してください。上半身の力を抜き、お腹を膨らませることを心がけてゆっくりと鼻から息を吸います。そして、息を吸う2倍以上の遅さで肺を空にするイメージでゆっくりと息を吐きましょう。

PR