ダイエットを頑張ってるけど、やっぱりおやつが食べたい!そんなときに役立つ100kcal以下のおやつ
225views

ダイエットを頑張ってるけど、やっぱりおやつが食べたい!そんなときに役立つ100kcal以下のおやつ

ダイエット中だけど、やっぱり小腹が減る・・・そういうときは我慢しないでおやつを食べましょう。その方がストレスも溜まりませんし、ダイエット自体も長続きします。そんなときに、気にせず食べられるのが、100kcal以下のおやつ。そこで、どんなおやつがあるのかをまとめました。

100kcal以下のおやつが好ましい理由は?

少しだけおやつを食べて気分転換

ダイエットを頑張っていても、お腹は空いてしまうもの。そんな時は我慢!ではなくて、少しだけおやつを食べて気分転換しましょう。では、なぜ100kcal以下のおやつが良いのでしょうか?

小腹がすいて我慢すると、体が栄養が足りない!と脳にサインを送り、その分、次の食事で栄養を貯めておこうというように働いてしまい、知らないうちに脂肪を貯めこんでしまう体に変化してしまいます。また、小腹がすいた、甘いものが食べたい・・・などとストレスを貯めてしまうと、セロトニンという物質が減ってしまい、その分過食してしまうという負のルーチンに陥ってしまいます。
そういった理由からも、小腹が減って我慢するのが辛いときには少しのおやつが必要になります。ただし、ダイエット中ですから、おやつは沢山食べられません。そこで、よく言われるのが、100kcal以下のおやつを目安にされています。どうして100kcal以下のおやつなのかと言われれば、一般的な女性の一日の消費カロリーの10パーセントが目安だと言われています。この10パーセントが約200kcalほどだと言われていますが、おやつ時間として2回設けるとすると、100kcal以下が適当だと言われています。

では、100kcal以下のおやつはどんなものがある?

100kcal以下のおやつと言われても、一体どのくらいなのかが分かりますか?

みずみずしい果物はどのくらい?

果物のカロリーはどのくらい?

小さめのバナナ、小さいリンゴなどは1つで100kcal以下であるそうです。意外と沢山食べられるイメージがありますね。また、缶詰でもパイナップルの缶詰だったら2カット、桃の缶詰だと半分にカットされているのが2つ。意外と食べられると思いませんか?さらに、ドライフルーツであれば、レーズンで30粒も食べられるとか!空腹を満たすには、沢山噛んで満腹感が得られるドライフルーツもおススメです。

最近では、ダイエットしている人のために作られたダイエット用のおやつも充実してます!
アイスクリームも、最近では100キロカロリー以下のものが種類も豊富で、最近ではチョコレート味なども出ているほどで、ダイエット中だと忘れてしまうほどです。また、定番のこんにゃくゼリーなどはカロリーがさらに控えめでうれしいおやつですね。

お腹が空いているのであれば、噛みごたえのあるおやつを選ぶことで、満足感が得られますよ!

するめやおしゃぶり昆布のようなものは、食べるのに時間がかかりますし、満足感が得られるでしょう。また、アーモンドなどの豆類も高カロリーだと思われがちですが、10数粒くらいだと100kcal以下で収まります。アーモンドなどは、便秘や美肌効果もあるため、ゆっくりと一粒一粒ずつ食べるのにはちょうど良いかもしれません。

おやつを上手に取り入れて楽しくダイエット!

おやつを上手に取り入れて楽しくダイエット!

意外と100kcal以下のおやつの種類も多いです。チョコレートなどはダイエットの大敵ではありますが、どうしても食べたい!というときには、チョコがけのものを少し食べるというのもアイデアとして良いです。
とにかく、ダイエット中は、おやつを食べてはいけない!のではなく、カロリーを抑えたおやつを食べよう!という気持ちに切り替えることで、ダイエット自体が長続きしますよ。

PR