オイルおにぎりでダイエット! オイルなのにダイエットできるの?
129views

オイルおにぎりでダイエット! オイルなのにダイエットできるの?

オイルおにぎりでダイエットができることをご存知ですか?オリーブオイルやココナッツオイル、ごま油など、オイルにはいろいろな種類があります。ダイエットには油は大敵だと思っている方へ、オイルおにぎりでダイエットをする方法をご紹介しましょう。

美味しく食べて痩る♪オイルおにぎりでダイエット!

おにぎりと油、この組み合わせでは太るのでは?と思ってしまいますよね。一見太る要素がたくさんありそうですが、ダイエットをするのには効果的なんですよ。オイルおにぎりでダイエットについてご紹介しましょう。

オイルおにぎりでダイエットをするとどんな効果が?

オイルおにぎりでダイエットをするとどんな効果が?

オイルおにぎりで使うオイルによって違った効果が期待できます。それぞれのオイルの効果をご紹介しましょう。

【オリーブオイル】

オリーブオイルには、オレイン酸が含まれています。このオレイン酸は、血液中のコレステロールを減少させる効果があります。コレステロールが減れば、太る原因が取り除けるため、ダイエットに効果があると言えます。

また、オリーブオイルには、中性脂肪を溜めにくい性質があります。おにぎりと一緒に食べることによって、ダイエット効果が期待できます。さらに、オリーブオイルは、食べることで満腹感を早く感じられるようになります。満腹感が感じられると、食べ過ぎることがないため、少しの量でお腹が一杯になるでしょう。

【ココナッツオイル】

ココナッツオイルは、体内ですぐに燃焼し、エネルギーに変わるのが特徴です。体に溜まっている脂肪も一緒に燃焼してくれるため、ダイエット効果があります。抗酸化作用のあるビタミンEを含んでいるため、アンチエイジング効果も期待できます。

【グレープシールドオイル】

グレープシールドオイルは、ぶどうの種子から作られているオイルのことで、クセのない口当たりが特徴のオイルです。グレープシールドオイルには強い抗酸化作用があります。コレステロールが入っていない油で、血液をきれいにする効果や、便秘を解消する効果が期待できます。

【ごま油】

ごま油には、リノール酸やリノレン酸が豊富に含まれており、動脈硬化や肥満を予防する効果があります。また、セサミンが悪玉コレステロールが増えるのを予防し、活性酸素を抑制する働きがあります。

オイルによって効果が異なるため、日によってオイルを変えてもよさそうですね。では次に、オイルおにぎりでダイエットをする方法をご紹介しましょう。

オイルおにぎりでダイエット【作り方】

オイルおにぎりでダイエット【作り方】

オイルおにぎりの作り方をご紹介しましょう。とっても簡単なので、毎日続けることができますよ。

①固めに炊いたご飯に好みのオイルを少量混ぜる
②好きな具を入れてにぎる
③ご飯は白米でも玄米でもOK
※油で手がベトベトになるため、サランラップを使って握るのがおすすめです。また、オイルを入れすぎると、高カロリーになるため少量にとどめておきましょう。

オイルおにぎりでダイエット【おすすめ具材】

オイルおにぎりでダイエット【おすすめ具材】

オイルおにぎりでダイエットをするときの、おすすめ具材をご紹介します。

【ごま油+チーズ+おかか】

チーズとおかかにごま油の香りが加わって、とってもおいしいです。チーズは、サイコロ状にきって混ぜても良いですし、スライスチーズをおにぎらずにしてもOK!少し焼いて、焼きおにぎりにしてもおいしいですよ。

【オリーブオイル+アボカド+にんにく醤油】

アボカドをにんにくの醤油につけておき、細かく切ってごはんと混ぜます。オリーブオイルを少し混ぜてにぎれば、とってもおいしいオイルおにぎりのできあがり♪

【グレープシールドオイル+ベーコン+いり卵]

フライパンでベーコンをカリカリに焼き、いり卵を作ります。ごはんとグレープシールオイルを混ぜて、刻んだベーコンといり卵を混ぜてにぎればできあがり!

PR