睡眠ダイエットの効果に必要な条件とは?成功のためのポイントを紹介!
43views

睡眠ダイエットの効果に必要な条件とは?成功のためのポイントを紹介!

睡眠ダイエットの効果はただ寝るだけで得られないことがあります。それは脳疲労や自律神経の乱れ、生活リズムによって睡眠の質が低下しているためです。生活リズムに関わらず、自律神経を調えて睡眠中のホルモン分泌を改善するためには食事の時間がポイントになります。

本当にあるの?睡眠ダイエットの効果

本当にあるの?睡眠ダイエットの効果

世の中には多くのダイエット法がありますが、睡眠をとるだけでダイエットになるという研究結果もあります。

また、睡眠不足になると、それだけで肥満のリスクが上がることもわかっています。このため、睡眠をダイエットには関係があることははっきりしています。しかし、とくに睡眠不足を感じていない人にとっては「毎日、ちゃんと寝ているけど、痩せないよ!」と言いたくなる人も多いでしょう。

睡眠ダイエットの効果を得るためには、いくつかの条件やポイントがあります。

脳の仕事は大きく2つある

脳の仕事は大きく2つある

睡眠ダイエットでは睡眠時間よりも睡眠の時間帯よりも睡眠の質をあげることが何よりも大切です。

それは良質な睡眠によって、脳は脳疲労を回復させ、正常な機能を取り戻すからです。体を動かすと疲れるように、脳も使うと疲れます。脳の大きな仕事は大きく2つあり、1つは外界の刺激に対して適切な思考と判断で対処をするということ、もう1つは体を健康な状態に保つことです。

現代人は強い脳疲労を抱えている

現代人は強い脳疲労を抱えている

しかし、現代人は仕事や学校などで多くの外的刺激にさらされているために脳は常に疲労状態です。そして、そのために健康を保つ仕事がおそろかになりがちなのです。

毎日の睡眠はそのような脳の疲労回復のための時間として必要ですが、問題はあまりに脳疲労を起こしている脳は疲労を回復するだけで一杯いっぱいになり、体の健康を保つことまで手が回らなくなることです。この状態が続くと傷の治りが遅くなったり、寝起きに体の疲労を感じたり、代謝の低下によって太りやすくなります。

現代人の強い脳疲労を改善する瞑想

現代人の強い脳疲労を改善する瞑想

このような睡眠を改善するために有効なことは寝る前に外的刺激で疲れた脳を癒すことです。

疲れた脳を癒す方法は睡眠だけではありません。瞑想や静かな場所での深呼吸も脳の疲労を改善します。寝る前に30分だけでも静かに座って深呼吸をするだけでも睡眠の質は向上します。

瞑想をしている時間をヒマと感じてしまう場合には、今日の出来事や明日の予定を考えて過ごしても構いませんが、できるだけ、静かな環境で過ごすようにします。睡眠前の過ごし方を少し変えるだけでも睡眠中に体を修復したり、代謝を正常にするホルモン分泌が盛んに行われるようになります。

どのような生活リズムでも睡眠ダイエットは可能

どのような生活リズムでも睡眠ダイエットは可能

睡眠ダイエットでは睡眠の時間帯や長さが大切であると言われていますが、そのような方法は自律神経が乱れていたり、不規則な生活をしている人には当てはまりません。

自律神経が乱れるということはホルモン分泌の量や時間帯が乱れているということです。そのため、一般的な時間は目安でしかありません。睡眠ダイエットを成功させるためには自身の生活リズムで自律神経を調えることが大切です。

自律神経を調える食事時間療法

自律神経を調える食事時間療法

日光などの強い光を利用することも有効ですが、夜勤の人の場合には利用できません。

そのような特殊な生活リズムの人であっても、簡単に自律神経を調えることができます。その方法は寝起きから6〜8時間後に1日でもっとも多く量の食事をすることです。多くの人は寝る前にもっとも多くの食事量を摂取していますが、これは自律神経を乱れさせたり、睡眠の質を落とす行為です。

一方、起きて6時間後というのは体がもっとも活発である時間帯で活動にも食べ物の消化にも適しています。実際に、この時間帯に食事をすることはもっとも飢餓感が少なく、ダイエットに適した方法です。

日中にしっかり食べることで自然と夕食の量が減るため、睡眠の質を下げず、また自律神経を乱すことがないので十分なホルモン分泌を促します。このような睡眠と食事時間を続けることで睡眠ダイエットの高い効果が期待できます。

PR