忙しい人必見!1日3分間で、みるみる痩せる、サーキットダイエットとは。
93views

忙しい人必見!1日3分間で、みるみる痩せる、サーキットダイエットとは。

ダイエットはしたいけれど、運動は苦手、忙しくて時間が取れない、という人は、サーキットダイエットを試してみましょう。1日に3分間、無酸素運動と有酸素運動を順々に行うだけでダイエット効果があるという、サーキットダイエットとは、どのようなものなのでしょうか?

サーキットダイエットとは?

1日にたった3分間でダイエット。

サーキットと聞くと、モータースポーツを思い出す人も多いかもしれませんね。

サーキットという言葉には、巡回するという意味があり、サーキットダイエットも無酸素運動と有酸素運動を順々に30秒ずつ繰り返し行うものであることから名づけられたものです。

このアメリカ生まれのダイエット法は、1日にたった3分間だけの運動で、みるみる痩せていくというものです。

運動が苦手な人でも、忙しくてスポーツジムに通う時間が取れないという人でも、自宅で簡単に行うことができるもので、ゆるい運動ではもの足りないという人は、運動の強度をその人に合わせて変えることもできます。

スポーツジムに通う必要もなく、自宅で今日からすぐに始めることができるサーキットダイエット、あなたも挑戦してみませんか?

1日にたった3分間でダイエット。

サーキットダイエットで、痩せる理由。

ダイエットのための運動というと、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動が取り上げられることが多いものですが、有酸素運動というのは20分くらい継続したところから、脂肪の燃焼が始まると言われています。

一方サーキットダイエットでは、まず無酸素運動を行い、筋肉に酸素が足りなくなった状態で、今度は有酸素運動を行うため、酸素が全身に運ばれやすく、効率よく脂肪を燃焼することができるのです。

また、筋トレなどの無酸素運動では、疲労物質である乳酸が筋肉にたまりますが、続けて有酸素運動を行うことで、乳酸を分解してエネルギーに代えるために、疲労はのこらず、毎日継続して行うことができるのです。

サーキットダイエットで、痩せる理由。

サーキットダイエットの方法。

まずは1日3分間から。

サーキットダイエットは、無酸素運動と有酸素運動を順々に行うことで、効率よく脂肪を燃焼させることが可能になり、無酸素運動を30秒、続けて有酸素運動を30秒、合計1分間の運動を、休憩をはさまずに3回繰り返す3分間の運動で、効果を得ることができます。

また、ダイエットのための運動は、長く続ければ続けるほど効果を得ることができますから、時間と体力に余裕があれば、3分間の運動を1日に数セット行うと、より高い効果を得ることができます。

具体的には、無酸素運動として、スクワット、腹筋運動、腕立て伏せなど、有酸素運動として、その場での足踏み、踏み台昇降などが、自宅でも行いやすいでしょう。

まずは1日3分間から。

日頃あまり運動をしていなかった人にとっては、スクワット、腹筋、腕立て伏せなどを行うのはキツイかもしれません。

そのような場合は、スクワットなら、頭の後ろで両手を組み、椅子の前に立って、上体を倒さないように少しずつ膝を曲げていき、お尻が椅子に着いたら立ち上がるという運動。

腹筋なら椅子に浅く腰掛け、両手を胸の高さで前にまっすぐに伸ばし、腰を丸めながら少しずつ状態を後ろに倒し、背中が背もたれに着いたら再び上体を起こすという運動。

腕立て伏せなら、立ちあがって両手をまっすぐ上に伸ばし、しゃがんで床に両手をついて、両手で体を支えながら足を後ろに伸ばして腕立て伏せを行うような姿勢になり、再びしゃがんで床に両手をついた姿勢に戻り、立ちあがるといった運動にしてみるといいでしょう。

サーキットダイエットの方法。

こんなことに、気を付けよう。

1日にたった3分間運動するだけというサーキットダイエットですが、より効果を上げるためには、運動を行う時間帯を、食事後2時間以上たった空腹時に行うといいでしょう。

また、主に筋トレを行う無酸素運動は、同じ運動ばかりを繰り返すのではなく、異なる筋肉を使う運動をバランスよく組み合わせることで、一部の筋肉にだけ疲労がたまってしまうのを防ぐことができますし、飽きずに続けることができるでしょう。

飽きずに続けることができるでしょう

PR