代謝が落ちる40代のダイエット方法でおすすめは、ローフードダイエット!
134views

代謝が落ちる40代のダイエット方法でおすすめは、ローフードダイエット!

最近、セレブの中で流行しているローフードダイエットは、代謝が落ちる40代のダイエット方法として、かなりおすすめです。世界の歌姫、テイラー・スイフトも実践しています。 ローフードダイエットとはどのような方法なのでしょうか?

40代のダイエット方法でおすすめは、ローフードダイエット!

40代になると、代謝が落ちます。

そんな40代におすすめなのは、ローフードダイエットです。世界的歌姫のテイラー・スイフトは、スタイル抜群なことでも知られていますが、彼女の美ボディの秘訣はローフードダイエットにあるようです。

ローフードダイエットは40代のダイエット方法としておすすめです。以下で詳しくお話します。

ローフードダイエットのことが知りたい

非加熱or低加熱処理の食べ物

非加熱or低加熱処理の食べ物

そもそもローフードとは、火を使わない食べ物や、火を使っても低温で調理した料理のことを指します。

加熱するとビタミンやミネラル、酵素などが壊れます。それらは大事な栄養素なので、なるべく壊さずに体内に摂り込みたいですよね。そこで、栄養をそのままに丸ごと摂取するために、加熱しないで食べる食材のことをローフードと言います。

そういった食生活自体は、ローフーディズムとも呼びます。テイラー・スイフトは、ローフーディズムに徹しているからこそ、あの抜群のプロポーションを維持できているのです。

ローフードがダイエットになる理由

ローフードがダイエットになる理由

ローフードがダイエットになる理由は、まず酵素にあります。

ローフードに含まれる酵素は体を錆びつかせたり老化のもとになる活性酸素を取り除く働きがあります。人間は加齢により活性酸素が増えて老化し、代謝が落ちます。

すると、同じものを食べていても消費するエネルギーが少なくなるため太ります。代謝が落ちる原因である老化を酵素によって食い止めることができるため、太りにくい体質へ変えることができます。

また、ローフードによって酵素を摂り込めるため、身体が酵素を作るエネルギーを最小限に抑えることができます。その分、余ったエネルギーはデトックスする方へ使われるので、老廃物を排出でき、むくみの解消にもつながります。

40代になると代謝が急激に落ちるため、ローフードダイエットは最適なのです。

ローフードの注意点

ローフードの注意点

ローフードダイエットをする時の注意点をご紹介します。まずは、低温加熱で調理する場合、48度以下になるように気を付けることです。それ以上高温にすると栄養が壊れます。

食べ順も関係します。一番最初に食べたり、空腹時に食べるようにしましょう。空腹時は体内への吸収が最も良く、栄養をたっぷり摂り込めます。

生野菜は身体を冷やします。身体が冷えると代謝も落ちるため、ローフードを食べた時は、身体を温める食べ物も一緒に食べましょう。

ローフードダイエットの方法

ローフードダイエットの方法

ローフードダイエットの方法はとても簡単です。

一日3食の中で、ローフードを献立に加えるだけです。朝食であれば、フルーツでも構いません。バナナやりんごをそのまま食べましょう。昼食であれば、まずはサラダを食べて、次にメインなど他のものを食べるようにします。夕食も同様です。最初はサラダや低温加熱の温野菜などを食べましょう。

ローフードを毎日食べることが無理な時には、週末だけでも大丈夫です。その代わり3食ともローフードを取り入れて、揚げ物や炭水化物、おやつは控えるようにしましょう。

おすすめのローフード

おすすめのローフードは、生野菜や果物はもちろん、納豆やキムチなど発酵食品もです。菜食主義にする必要はないので、生ハムやチーズもローフードとみなされます。お刺身も同様です。間食したくなったら、ナッツ類がおすすめですよ。

PR