ボール1つで本格的な部分エクササイズ!ゴムボールエクササイズとは
72views

ボール1つで本格的な部分エクササイズ!ゴムボールエクササイズとは

ゴムボールエクササイズとは、ボールを使った筋力トレーニングやエクササイズのことで、シェイプアップや部分ダイエットにぴったりです。ボールが1つあれば、運動が苦手な方でも鍛えにくい部分が楽しく簡単に鍛えられます。

本格的なエクササイズが100均のボールで?

あなたのお家にゴムボールはありますか。約20cmの大きさであれば子供のおもちゃや100円均一で売っているものでも構いません。

この安いゴムボール、実は本格的なエクササイズで使う8インチサイズのフィットネスボールとあまり変わらないんです。

ボールが1つあれば太もも、ウエスト、下腹、二の腕、バストに背中…。全身の気になるところのエクササイズとダイエットができます。

本格的なエクササイズが100均のボールで?

楽しく続けられるダイエット

8インチのボールを使ったゴムボールエクササイズとは、難しい動作がなく、運動が苦手な方でも楽しくバランスよく筋肉を鍛えることができるエクササイズです。

大きなバランスボールみたいに場所も取りません。子供のおもちゃや100円のボールでも代用できますし、長く続けたい方が本格的なフィットネスボールを買っても出費は800~2000円程度です。

安いボールで代用するときはフィットネス用のボールほど伸縮性がないので空気をパンパンに入れず、柔らかめに入れるのがコツです。

慣れればテレビを見ながら、音楽を聴きながらのながらダイエットもできます。

それでは、気になる部分別に、簡単にできるゴムボールエクササイズをご紹介します。

楽しく続けられるダイエット

ウエストのシェイプアップ

ウエストを細くしたいのなら、ダイエットでのサイズダウンだけではなく、腹筋も重要です。腹筋を鍛えるとウエストのサイズが下がるだけではなく、腸の蠕動活動が正常化し、便秘解消にもなります。

ボールを腰の下に敷いて仰向けに寝転んでください。膝を曲げて、仰向けから上体を起こすいわゆる腹筋運動を行います。

床での腹筋ができない方でもボールを腰の下に敷いていると弾力で起き上がることができます。また、床での腹筋と比較して腰を痛めにくい腹筋運動となります。

反動を使わず腹筋を意識してゆっくり起き上がりましょう。

ウエストのシェイプアップ

太腿、ワンサイズ下がらないかなあ…

太腿には大きい筋肉がある反面、脂肪もつきやすくたるみやすい部分。ダイエットをしなくてもエクササイズだけでワンサイズ下げられる部位なのです。

しかも、太腿の筋肉は一番大きいのでここを鍛えるだけで代謝アップで全身痩せにつながるかも。

立った状態、あるいは椅子に腰掛けた状態で軽く足を開き、両太腿でボールを挟みます。ゆっくりと内腿の筋肉を使ってボールを潰したり、戻したりしましょう。

膝を使わず腿の筋肉だけでボールを扱うのがコツです。

年齢が出やすい二の腕の贅肉をケア

二の腕は年齢を重ねると贅肉がつきやすく、ここに肉があるだけでスタイル全体がもっさりと見え、細いだけでスタイリッシュに見える部位です。

腹筋運動のときと同じように、仰向けになって腰の下にボールを敷き、膝を曲げます。後ろに両手をついて上体を起こします。肘を開き過ぎないように注意しましょう。この状態から、ゆっくり肘を曲げたり伸ばしたりして上体起こし運動を行います。

筋力が弱くて腕立て伏せができない人でも腕立て伏せと同等の二の腕エクササイズができますし、腹筋にも効きます。

年齢が出やすい二の腕の贅肉をケア

全身どこでも鍛えられる

今回は特に気になる部位の3つのエクササイズを紹介しましたが、同じようにゴムボールの弾力を利用すれば、下腹部やバスト、背中、ヒップなどあらゆる場所のシェイプアップが可能です。

床での筋トレより筋力のない方でもやりやすく、怪我のリスクも小さいので女性のダイエットや高齢者の筋力増進にお勧めです。

PR