痩せる鍵は紫色の食材にあり!パープルフードダイエットの方法とは
19views

痩せる鍵は紫色の食材にあり!パープルフードダイエットの方法とは

パープルフードダイエットの方法は紫色の食材を食べる方法です。ブルーベリーや茄子、紫たまねぎ、紫芋などの食材を週に三日間食べ続けます。紫色の食材には抗酸化作用が高く、毒素や老廃物を体外へ排出する効果もあります。また3日間、低カロリーフードを食べることで、脂肪燃焼効果が上がり痩せることが出来ます。

パープルフードダイエットの方法とは?

痩せる食べ物は紫だった!

痩せる食べ物は紫だった!

パープルフードダイエットの方法は紫色の食材を食べるという方法です。
一週間のうち三日間だけ紫色の食べ物を食べ続けるという方法です。

紫色の食べ物にはどんなものがあるの?

紫色の食べ物にはどんなものがあるの?

紫色の食べ物には、ブルーベリーやブドウ、レーズン、プラム、紫キャベツ、紫たまねぎなどがあります。
紫色ではありませんが、黒い食べ物の黒豆や黒米も含まれます。

何故パープルフードダイエットで痩せられるの?

紫色の食材は痩せる食材だった!

 紫色の食材は痩せる食材だった!

何故紫色の食材を食べると痩せることが出来るのか?

その秘密は色に秘密があります。紫色の食材には強い抗酸化作用があります。体内で発生した活性酸素を除去する力があり、そのため脂肪がつきにくくなります。

紫色の食材は外側の皮の部分ほど、抗酸化作用が強いので、皮も残さず、しっかり食べるようにしましょう。

パープルフードは低カロリー!

一週間のうち三日間パープルフードを食べるため、その間、摂取カロリーも低く抑えることが出来ます。パープルダイエットを行うと、三日間低カロリー食が続きます。

その間、アントシアニンなどの抗酸化物質が活性酸素を除去し、体内の脂肪を燃焼させ、不要な毒素を体の外に排出させてくれます。また摂取カロリーが足りないため、体の中ではちょっとした飢餓状態になります。

空腹状態になるため、体にこれまで蓄積された脂肪を分解し熱量へ変えようとするため、痩せることが出来るのです。

豆腐もメニューに加えてタンパク質を摂りましょう

豆腐もメニューに加えてタンパク質を摂りましょう

三日間紫色の食べ物だけで過ごすとタンパク質不足になってしまいます。

そこで紫色の野菜と豆腐をカットしてサラダを作ってみましょう。紫たまねぎを薄切りにして水にサッと晒した後、食べやすい大きさにカットした豆腐にノンオイルドレッシングをかければ、豆腐サラダが出来ます。

豆腐も低カロリーで高タンパク質で、満腹感を得ることが出来る食材なので、ダイエットメニューに加えるとよいでしょう。

黒い食べ物も活用しましょう

黒い食べ物にも抗酸化作用があります

黒い食べ物にも抗酸化作用があります

ブルーベリーやいちご、プラムやアサイーなど季節によっては紫色の食材を手に入れるのが難しい場合もあります。また紫色の果物や野菜は輸入物も多く、スーパーでの値段が高すぎてちょっと買えないという方もいることでしょう。

そこで黒い食べ物もうまく活用しましょう。

日本人向けのパープルダイエットは、黒い食材も活用することです。黒い食材にも抗酸化作用がありますので、紫色の食材同様、脂肪燃焼効果を期待することが出来ます。ちなみに黒い食材には、黒豆、昆布、のり、黒米、ひじき、わかめなどがあります。

紫色の食べ物が高すぎて買えないときは、日本の黒い食べ物もうまく取り入れるとダイエットがしやすくなります。

紫色パワーで健康になれます

ダイエットの相乗効果も期待出来ます

ダイエットの相乗効果も期待出来ます

パープルダイエットを定期的に続けていくと、いいことがあります。

それは紫色の食べ物に秘密があります。紫色や黒色の食べ物には、アントシアニンを豊富に含んでいます。黒豆や茄子、ブドウ、ブルーベリーなどには含まれており、肌の新陳代謝を活発化させてくれるので、肌が美しくなるのです。

また他にもアントシアニンは視力をよくする効果があります。デスクワークが中心の方の場合だと、パソコン作業が多く、目の疲労を感じることはありませんか。

パープルダイエットでは豊富なアントシアニンを摂取し続けることになるため、ダイエットの相乗効果として目がよくなるというおまけもついてきます。

PR