トロっと溶けた食感が意外と美味しい!ホットバナナダイエットのやり方
34views

トロっと溶けた食感が意外と美味しい!ホットバナナダイエットのやり方

ホットバナナダイエットのやり方はバナナを温めて食べるだけの簡単な方法です。温めるとバナナに含まれているオリゴ糖の量が増えていきます。オリゴ糖は腸の中の善玉菌の餌となるため、腸内環境を良好にするため、痩せるだけでなく便秘解消効果もあります。またホットバナナを食べると胃腸を温めてくれる効果もあります。

ホットバナナダイエットのやり方とは?

加熱したバナナを食べると痩せるんです!

加熱したバナナを食べると痩せるんです!

ホットバナナダイエットのやり方はとっても簡単で、バナナを温めて食べるだけです。

温めたバナナを食べると、冷えた身体を温めることが出来ます。体温が上がると免疫力や基礎代謝率も上がっていきます。

温めたバナナを食べることで胃や腸の温度も上がるため、内臓機能も活発に動き始めます。体の新陳代謝がよくなることで、脂肪燃焼効果もアップするため、温めたバナナを食べるだけで痩せやすい体になるのです。

オリゴ糖の量が増えます

オリゴ糖の量が増えます

バナナを温めると、バナナに含まれているオリゴ糖の量を増やすことが出来ます。

実はこのオリゴ糖は腸内にいる善玉菌の餌となるため、腸の中の善玉菌を増やしていくことが出来るのです。

毎日ホットバナナを食べる習慣を持てば、腸内環境が善玉優勢になっていくため、整腸効果や便秘解消効果があります。

内臓機能も活発化されます

温めたバナナを食べると、内臓機能が活発に動き出します。

温かいバナナが胃や腸に入ることによって胃腸に血流が集中していきます。胃腸の動きも活発化されていくと、胃腸が温められていくため、身体全体が温められていきます。

そのため基礎代謝率も上がるため、脂肪燃焼効果も上がり、身体に蓄積された脂肪も燃やしていくことが出来ます。

いつ食べると効果的なの?

いつ食べると効果的なの?

ホットバナナダイエットはいつ行うのが効果的なのでしょうか。

その答えは朝です。

人は眠っている間は体温が低下していきます。朝、起きたばかりの時は、体温が低い状態なので、この時にホットバナナを食べると胃腸を効率よく温めることが出来ます。

また一日の始まりであるため、朝、身体を温めることによって、その日一日の基礎代謝率や脂肪燃焼効果を上げていくことが出来ます

バナナダイエットはアレンジ自由!おいしく食べよう

レンジで加熱する方法

レンジで加熱する方法

一番お手軽な方法はレンジで加熱する方法です。

バナナは皮を剥き、輪切りにして耐熱皿にのせておきます。レンジで30秒温めれば出来上がりです。

この方法なら、忙しい朝でも簡単に出来ます。

オーブントースターで加熱する方法

オーブントースターで加熱する方法

受け皿にアルミホイルを敷いておきます。

この上に輪切りにしたバナナをのせて焼きます。アレンジして、シナモンやはちみつをのせて焼くとちょっとしたデザートにもなります。

また朝ごはんを用意するのであれば、バナナトーストもお勧めです。

食パンの上に薄くバターを塗り、輪切りにしたバナナを並べてシナモンや粉砂糖を振りましょう。カロリーが気になる場合は砂糖はなしでも構いません。トロっと溶けたバナナが絶品のバナナトーストになります。

フライパンで温める方法

フライパンで温める方法

温めたフライパンに少量のバターを溶かし、バナナ一本をきつね色になるまで焼きます。

アレンジでこの時、一緒に薄切りにしたりんごも一緒に焼きましょう。仕上げにシナモンを振り、レーズンを散らすと焼きバナナと焼きりんごのデザートになります。

朝食にしてもよいし、おやつにしても美味しく頂くことが出来ます。

痩せる以外にもこんな効果が!

心が穏やかになります

ホットバナナダイエットをすると痩せる以外の効果があります。

それは心が穏やかな気持ちになることです。その理由はバナナにはトリプトファンという成分が含まれており、心を穏やかにしてくれる働きがあります。

また寝る前にホットバナナを食べると、よく眠ることが出来ます。

美肌効果もあります

バナナにはお肌を美しくするビタミン類や抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれているので、美肌効果を期待することが出来ます。

PR