プレミール習慣の方法の注意点☆食事も運動も無理なく行うことが大切!
19views

プレミール習慣の方法の注意点☆食事も運動も無理なく行うことが大切!

プレミール習慣の方法には食事と運動があります。両方とも行うことが理想ですが、冷え症の人は食事前の冷たいものの飲食に注意しましょう。また、体力のない人は食前の過度の運動や高温での入浴はかえって代謝機能を低下させることになります。それぞれの良さを引き出すために自身の体質やタイプを考えて行ないましょう。

プレミール習慣の方法は大きく2種類

プレミール習慣の方法は大きく2種類

食事の前の正しい習慣によって体型を維持したり、理想の体型に近づくことができます。このような行動を「プレミール習慣」と言います。

普段の食事の前に行うちょっとしたことでダイエットができるとあって、今、もっとも注目を集めているダイエット法の一つです。このプレミール習慣には大きく分けて二つの種類があります。

一つは食事で、もう一つは運動です。この二つの習慣はどちらもできれば、より高い効果が期待できると言われていますが、どちらか一方でも自分に適した方法を採用することでしっかりと効果は実感できます。

今回はそれぞれどのようなものがあるのか、そして適した方法の見つけ方を紹介します。

プレミール習慣【食事編】

プレミールの習慣として馴染みが深いのは食事です。この方法は食事の前にビタミンやミネラルの豊富なものや酵素を含んだもの、あるいは食物繊維が含まれているものを食べることが基本的な方法です。

【1】野菜スムージー

野菜スムージー

parsley-smoothie / Joanna Slodownik https://www.flickr.com/photos/greensmoothies/7838583058/

食前の野菜スムージーは代表的なプレミール習慣です。とくに不規則な生活の人や夜に食べる量が多い人は朝の野菜スムージや野菜ジュースで体に疲労を蓄積させない効果が期待できます。

ただし、この野菜スムージーは作るとすぐに酸化が始まってしまうため、フレッシュな野菜や果物を使って作ることが基本です。市販の野菜ジュースで代用する場合には砂糖不使用で素材にこだわったものを選びましょう。

【2】豆乳

豆乳

NO TITLE / alicerett https://www.flickr.com/photos/55498068@N07/5445975046/

食前に豆乳を飲むこともおすすめしたいプレミール習慣です。

豆乳にはイソフラボンと呼ばれる女性にうれしい成分が入っていることで知られていますが、たんぱく質の量が多く、食物繊維も豊富なため、男性や育ち盛りの子どもにも有効な飲み物です。注意したいのは摂取するときの温度です。あまり冷たいだと胃腸の働きが悪くなり、たんぱく質の代謝がうまくできないために気分が悪くなることがあります。豆乳は常温か、温かくして飲むようにしましょう。

【3】ヨーグルト

ヨーグルト

すでに定番となっているプレミール習慣としてはヨーグルトがあります。ヨーグルトは乳酸菌の補給して腸内の環境を整える効果も期待できるので、とくに便秘がちの人に適しています。

食前の食事習慣に適している人はこんな人!

グレープフルーツ、オリーブオイル、キャベツなどもおすすめです。

このような食前に何かを食べるプレミールに適しているのは、普段から加工品をよく食べる人や野菜不足の人です。反対に適していないのは冷え症の人や運動不足の人です。

運動不足の人は食前の野菜やヨーグルトによって冷やす可能性があり、また、豆乳は体を冷やす食品です。そのため、冷えたままの状態で飲食しないようにすることが大切です。食前に体を冷やすと代謝が低下し、かえって太る原因になります。

プレミール習慣【運動編】

プレミールの習慣には運動も有効です。小腹が空いたときの運動は食後に比べて脂肪が分解されやすく、また体温が上がると食事の代謝が良くなる効果が期待できます。具体的な方法として次のようなものがあります。

【4】ストレッチやウォーキング

ストレッチやウォーキング

食前のプレミール習慣としてストレッチやウォーキングが有名です。これにより、代謝異常などの問題を抱えている人でも、その負荷を小さくさせることができると言われています。

とくに有名なのは炭水化物の代謝異常による糖尿病ですが、それ以外にも年齢を重ねるうちに低下しがちな脂質やたんぱく質の代謝向上にも有効です。

【5】入浴や乾布摩擦

入浴や乾布摩擦

IMG_2748 / quaziefoto https://www.flickr.com/photos/quazie/4898967723/

運動が苦手であったり、できない状態であっても入浴や乾布摩擦などの血行を促進する行動によって、運動と同じ効果が得られることがわかっています。とくに入浴は体の疲れを取り除き、消化吸収しやすい状態にしてくれます。

ただし、食前の入浴では低めの温度であること、20分以上体を温めることが大切です。高温のお湯に浸かると心拍数が必要以上に上がってしまい、疲労によって食欲が低下したり、消化不良の原因になります。

また、疲れた体で食事を摂取すると代謝吸収が滞り、余計なカロリーまで吸収したり、脂肪がつきやすくなる可能性があるので注意しましょう。

食前の運動習慣に適している人はこんな人!

食前に運動習慣をして効果があるのは普段から運動不足の人です。食事の前に適度に全身の筋肉を動かしたり、体を温めることで代謝機能の向上が期待できます。

反対に向いていないのは体力のない人や疲れやすい人です。このような体力がない人や疲れやすい人は日頃から運動不足であっても、食前の運動には向きません。入浴後や運動後に気分が悪くなったり、横になりたいと思う人は避けた方が無難です。

PR