ファイトケミカルでダイエット!植物のパワーでアンチエイジングも♪
101views

ファイトケミカルでダイエット!植物のパワーでアンチエイジングも♪

植物の持つ力を利用したファイトケミカルでダイエットは、アンチエイジングや生活習慣病予防にも効果が期待できます。ファイトケミカルでダイエットをする方法や、ファイトケミカルの種類、ファイトケミカルが持つ抗酸化力などについてご紹介します。

抗酸化力、免疫力UPのファイトケミカル

野菜や果物、海藻などの植物の成分から発見されたファイトケミカル。抗酸化力を持っていたり、免疫力の向上ができたりと、ファイトケミカルには多くの魅力がたくさんあります。

ファイトケミカルでダイエットをする方法やファイトケミカルの成分などについてご紹介しましょう。

魅力あるファイトケミカルの効果

魅力あるファイトケミカルの効果

ファイトケミカルには、アンチエイジングや生活習慣病の予防が期待できます。主なファイトケミカルの健康効果について勉強しましょう。

【玉ねぎのアイリンとフラボノイド】

玉ねぎに含まれているアイリンには、代謝を活発にする成分を作り出します。また、フラボノイドは、血行を促進する効果が期待できます。冷えの改善ができるため、代謝をあげて痩せやすいからだを作ります。

【ニンジンやカボチャのベータカロテン】

ニンジンやカボチャのオレンジ色は、ベータカロテンが含まれている証拠。ベータカロテンは、体内でビタミンAに変わり、視力をアップさせたり、免疫力を上げる効果が期待できます。

【キャベツのルテインとゼアキサンチン】

キャベツのルテインは、がんを予防したり、皮膚の健康を維持する効果が期待できます。また、目の機能を強化したり、白内障などの眼病予防も期待できます。また、キャベツに含まれるゼアキサンチンは、網膜を保護する効果があります。

ファイトケミカルでダイエットをする方法

ファイトケミカルでダイエットをする方法

ファイトケミカルでダイエットをする方法は2種類あります。一日一食をファイトケミカルスープで置き換える方法と、3度の食事の最初に、ファイトケミカルスープを飲むというものです。

1日1食をファイトケミカルスープに置き換えると、体重を短期間で落とすことができるでしょう。もちろん、食前にフェイトケミカルスープを飲む方法でも良いのですが、その場合は1日のカロリー数に気を付けて食事をすることが大切です。

ファイトケミカルでダイエットをする時の注意点

ファイトケミカルでダイエットをする時の注意点

ファイトケミカルダイエットをするときの注意点についてご紹介します。

ファイトケミカルスープは、温めて飲んでも冷やして飲んでも大丈夫です。ファイトケミカルが一番吸収されやすいのは、朝食前と言われています。抗酸化力や免疫力を高めたい方は、朝食前に飲むことをお勧めします。

ファイトケミカルスープを大量に作って、冷凍保存をすることも可能です。冷凍した場合は、2週間程度で飲みきるようにしましょう。

ファイトケミカルでダイエットをするためのレシピ

ファイトケミカルでダイエットをするためのレシピ

ファイトケミカルダイエットをするための、スープレシピをいくつかご紹介します。

【基本のファイトケミカルスープ】

材料は、キャベツ、ニンジン、玉ねぎ、カボチャの4つです。それぞれを100gずつ用意して、細かく刻みましょう。後は、水1リットルと一緒に煮込めば完成です。煮込むときには、キャベツ、かぼちゃ、玉ねぎ、にんじんの順番に重ねることが大切です。

また、フェイトケミカルスープは、基本的に調味料を加えないで作るようにしましょう。

【+生姜のファイトケミカルスープ】

冷え性で体が冷たいという方は、基本のファイトケミカルスープに生姜を加えてみましょう。生姜は喉にも良いので、風邪をひいているときにもおすすめです。

PR